筋トレ・減量向け弁当宅配サービスを比較|ボディメイクに使えるのは?

筋トレ・減量向け弁当宅配比較食事・栄養

筋トレやダイエット向けの栄養素で作られている冷凍宅配弁当についてまとめます。

お弁当の宅食サービスは様々ありますが、筋トレやダイエット向けの栄養バランスとして販売されているものは現在5〜6種類ほどです。

フィットネス系の宅配弁当
  • マッスルデリ
  • モアザンデリ
  • ナッシュ
  • パワーデリ ニチレイフーズ
  • 低糖質セレクト 食宅便
  • ミールラボ

それぞれ栄養バランスやコンセプトが異なるので、どれが一番良さそうか見比べてみました。

各宅配弁当サービスの選び方で、個人的な結論は以下。

  • ボディメイク(筋トレ・ダイエット)目的の人
    マッスルデリ
     次点でモアザンデリ
  • 宅配弁当の利用が主目的で「できれば健康的な食事が良い」くらいの温度感の人
    ナッシュ

ニチレイフーズのパワーデリと宅食便の低糖質セレクトは、ボディメイク目的での利用は非推奨。

ミールラボは悪くはないのですが、ローファットorローカーボへのPFCバランスの偏りがやや極端なので、知識がある中級者以上でなければ使いづらい(使っても意味がない)と思って外しました。

では詳しい比較や、推奨理由などを口コミや評判と共に見ていきます。

筋トレ・減量に使える宅配弁当

筋トレやダイエットに取り組んでいる人が栄養管理のための利用するならマッスルデリモアザンデリが良いです。

最適なPFCバランスが設定されている

いずれの宅配弁当も400〜500kcal前後と非常に低カロリーに作られています。

しかしながら、ボディメイクを考えるにはカロリーの内訳であるPFCバランスの管理が重要です。

筋トレ・ダイエットをする人にとって適切にPFCが設計されているお弁当が、マッスルデリとモアザンデリの2つです。

食事メニューによって差異はありますが、いずれもある程度一定のPFCバランスに落ち着くように作られています。

  • タンパク質(P):しっかり
  • 脂質(F):控えめ
  • 糖質(C):必要な分だけ

栄養素の比較表を作ろうと思いましたが、サイズや弁当の中身によって違うのでそれぞれのホームページで見比べて見たほうが良さそうです。

とりあえず、カロリーとPFCが適切に設定されているので「ひとまずこれ食べておけばOKでしょ」という使い方ができるように作られているのがマッスルデリとモアザンデリです。

サイズの選択肢があるマッスルデリが選びやすい

マッスルデリとモアザンデリはカロリーもPFCバランスの設定も価格も似通っていますので、ボディメイクに必要な栄養管理という目的においてははどちらを選んでもかまいません。

その上でマッスルデリが選びやすいと考える理由は2つ。

  • マッスルデリの方が認知度や実績が多い
    (モアザンデリでTwitter検索してもコメントが全然ない※2020/01)
  • モアザンデリは1サイズのみだが、マッスルデリは3サイズから選べる

どちらのお弁当も栄養面では素晴らしいですが、マッスルデリはさらにお弁当の量を選択できるのが加点要素。

PFCバランスはそのままで、自分の体重や基礎代謝量に応じて適切なサイズ(カロリー)が選択できるマッスルデリが一番使いやすいでしょう。

公式ページ:マッスルデリ

マッスルデリは痩せる効果はある?口コミと3ヶ月使ってみての評価と解説
マッスルデリを実際に使ってみた感想を踏まえて、ダイエットや減量に効果的かどうかについて解説。 栄養管理は、いくら知識があってもそれを実行するのがとても面倒なのが問題。わかっててもやれないのであれば痩せられない。 マッスルデリを冷凍庫...

健康維持目的で使いたい宅配弁当

筋トレやダイエットがメインの目的でなく「宅配で健康的な食事を選びたい」くらいの目的であればナッシュが使えます。

ナッシュは60種類以上の豊富なメニュー

豊富なメニューが揃っているナッシュですが、お弁当という形ではありません。

ナッシュのメニューカテゴリ
  • メイン(おかず的な)
  • 米・パン
  • スープ
  • デザート

低糖質なスープやデザートまであります。

筋トレやダイエットを抜きにして美味しい宅配食を楽しみたい人はとても便利。

栄養素・PFCバランスがバラバラ

ナッシュはメニューが豊富がゆえに、それぞれのメニュー毎にカロリーやPFCバランスがバラバラです。

栄養管理をしたい場合は、それなりの知識をもとにメニューを選択しなければなりません。

もし昼にナッシュを食べたら「昼はナッシュのこのメニューだったから、夜はあれを食べてカロリーとPFCを調整しよう」みたいな使い方をする必要が出てきます・

健康に気を使った普通の食事でありボディメイク向けではない

ナッシュのメニューは糖質と塩分が控えめにできていますが、あくまでも「健康な食事」を目的として作られています。

そのため「ナッシュを食べていれば痩せる」という使い方には決して向いているとは言えません。

ボディメイクを目的として使うには選択肢には入らない商品だと思います。

健康体の人が健康維持で利用するなら◎

  • 宅配食を使うことが目的であり、健康的なものを探している人
  • 現状健康体であり、健康維持のための食事を考えている人

こういった目的においてはナッシュをおすすめできます。

公式ページ:ナッシュ

低糖質をウリにしている弁当は非推奨

  • ニチレイフーズのパワーデリ
  • 食宅便の低糖質セレクト

この2つはボディメイク目的で利用するには非推奨です。

理由は「低糖質」がコンセプトだからです。

ボディメイクがコンセプトなら「低糖質」にはならない

ボディメイクの食事に必要なのは、カロリーとPFCバランスです。

筋肉をつけたいとか、脂肪を減らしてシェイプアップしたいという目的で栄養管理を考える場合、「低糖質」というキーワードは出てきません。

つまり「低糖質」を謳っている商品はそもそもボディメイクのためには作られていないということです。

「低糖質弁当」は「売れる弁当」である

ではなぜ低糖質な商品が作られるかというと売れるからです。

某大手プライベートジムやマスメディアの情報発信において「低糖質=ダイエット」のようなイメージを持つ人が非常に多いです。

そのため「低糖質」とか「糖質オフ」と表記できる商品は非常に売れやすいのです。

実際、お弁当だけでなくお菓子やお酒なんかも低糖質商品がたくさんありますよね。

  • PFCバランスをアピール
    →ボディメイクを目的として作られている商品
  • 低糖質をアピール
    →低糖質だと痩せると思い込んでいる人たちに売れる商品

ということで低糖質をアピールしている商品を食べてもあなたはたぶん痩せませんので、ボディメイク目的としてはおすすめできません。

特定の目的において使えるかもしれない宅配弁当亜種

PFCを理解していてローファットorローカーボを実践したい場合だけ

ミールラボはマッスルデリに似ていますが、ローカーボとローファットの2種類を選択できるのが特徴。

PFCバランスが一定でなく「よりローカーボ寄り」と「よりローファット寄り」の2タイプの展開です。

このコンセプトは全然悪くないのですが、自分で知識があって栄養管理ができる中級者以上向けだと思います。

ミールラボを使える人
  • そもそも「ローカーボ」や「ローファット」という言葉の意味を正しく理解している
  • ボディメイク計画を「ローカーボ」か「ローファット」どちらにするか決めている
  • その中で宅配食を取り入れて管理できる

このような人以外はミールラボを使う意味が無くなってしまいます。

そこまでの知識がない人、知識があっても食事管理が行き届かない人がほとんどなので、やはりPFCが一定のマッスルデリの方が向いている人が多いかなと思っています。

ちなみにIFBBビキニプロのMIHARUさんがやってたOh!My Chefというお弁当サービスがありましたが、サイトにアクセスもできず終了してるようです。

と思ったらそのMIHARUさんがミールラボの監修・アドバイサーになってます。

Oh!My Chef辞めて移ったんでしょうか。

低糖質にするためにカリフラワーライスなるものが使われているみたいですね。。

弁当でなく中食・食材として

お弁当の形でなく中食につかう食材・加工食品を通販で手に入れたいならTANPAKUN(たんぱくん)というサービスがあります。

組み合わせて使ってもいいですし、おかずだけTANPAKUNで、自宅で玄米を炊いて食べるという使い方もできます。

最近ではコンビニでも低糖質・低脂質な加工肉などが売られていますが、他のものも食べたいという人は覗いてみてもよいのでは。

鶏肉とブロッコリーだけ食べたいとき

GO FOODというサービスも見つけたので追記。

中身は鶏肉とブロッコリーだけの弁当を届けてもらえます。が、それを弁当と呼んでいいのか微妙な気がしたので比較対象から外しています。

鶏肉やブロッコリーを茹でるのが面倒な人は使う価値があるのでしょうか?

それなら、コンビニでサラダチキンと冷凍ブロッコリー買ってレンジで温めればよくね?と思ったのですがどうなんでしょ。

見せ方・売り方がパーソナルトレーニング的

ノーバウンドデリ?デリダイエット?(正式名称がわからん)というサービスもあります。

ページはこちら https://delidiet.jp/

  • トレーナー栄養士監修
  • モニターの○%が成功してます
  • 利用者のビフォーアフター
  • リバウウンドの保証つき

とよくあるライザップ的パーソナルトレーニングジム の「パーソナルトレーニング」の部分を「弁当届けます」にして売っているサービス。

マッスルデリのようなお弁当が届くのに加えて、カウンセリングとか栄養管理士のLINEサポートとかがつくようです。

  • 14日分28食(1日2食)で67000円
  • 4週間分56食(1日2食)で118000円

弁当1個で約2500円になる計算です。マッスルデリの2倍。

ボディメイク用宅配弁当まとめ

  • 筋トレ・ダイエットでボディメイクをしたい人
    マッスルデリ
  • 健康的な宅配食を食べたい人
    ナッシュ
  • 低糖質だけをウリにしている弁当はあまり勧められない

食事管理はなかなか面倒なので、宅配食を利用することで負担を減らすことができます。

「面倒だから今日は適当なのでいいや」という食べ方を定期的にやってしまうと、前後の努力を打ち消してしまいます。

食事を作る手間や時間を外注してジムに行きましょう。

マッスルデリは痩せる効果はある?口コミと3ヶ月使ってみての評価と解説
マッスルデリを実際に使ってみた感想を踏まえて、ダイエットや減量に効果的かどうかについて解説。 栄養管理は、いくら知識があってもそれを実行するのがとても面倒なのが問題。わかっててもやれないのであれば痩せられない。 マッスルデリを冷凍庫...

コメントできます

関連コンテンツ

タイトルとURLをコピーしました