【女性向け】プロテインのおすすめの選び方と使い方

39503640_m

「プロテイン 女性」などと検索して来られる方が増えましたので、女性に向けてプロテインの使い方など書いてみたいと思います。

大筋では男性も女性も使い方は同じでして、性別ではなく目的別に選ぶもの です。

この記事では、あくまでもダイエットや美容を目的とした女性に対しての情報を書いて行きたいと思います。

スポンサーリンク

女性にプロテインは必要なのか

結論から言うと必ずしも必要ではありません。しかし、プロテインを使った方が明らかに食事(栄養)の管理が楽 です。

つまり、ダイエットでもプロテインを使った方が楽なぶん成功率が高いと思っています。

肌・髪・爪もプロテインで出来ている

勘違いされやすいのが、プロテインと言えば筋肉というもの。間違いではありませんが、体はほとんどプロテイン(タンパク質)で出来ています。あ、脂肪の部分は脂肪ですよ。

  • 肌(皮膚)
  • 髪の毛
  • 内臓

全部タンパク質が材料で出来ています。骨もカルシウムじゃなくてタンパク質ですからね。タンパク質をカルシウムがコーティングしてると思ってください。

では、タンパク質が不足するとどうなるでしょうか。

  • 肌が弱い
  • 髪の毛が切れやすい
  • 爪が割れやすい

心当たりある人はいますか?あとはご想像の通りです。

プロテインは楽をするためにある

プロテインは飲めば筋肉がつくとか、痩せるとか言うものではありません。無駄な脂肪や炭水化物を覗いて栄養だけを残した加工食品 です。牛乳を低脂肪牛乳にしたり、大豆が豆腐・豆乳になったりするのと同じことです。

【詳細】プロテインとは筋肉がつく薬ではなく低カロリー高タンパク質な加工食品

ダイエットも美容も、栄養管理ががとても大切なのはご存知かと思います。これは筋トレでもそうです。

栄養素を見て食材を選び、食べる量を測って、調理法にも気をつけて。大変ですよね。

この手間を全部無くせるのがプロテイン です。

プロテインなら続けられる

飲みやすいのも特徴です。

プロテインと同じくらいの栄養素を摂取しようとしたら、とりのムネ肉(皮なし)を100g くらい食べることになります。ちなみに味付けは塩コショウくらいしか使えません。

これ毎日食べれますか?痩せるまで毎日です。痩せても、今度はキープするために定期的に食べ続けます。パサパサのとり肉です。キツいですよね。

僕でも食べ過ぎてたまに飲み込めなくなります(笑)

でも、プロテインなら150〜200mlのドリンクを飲むだけ です。お腹にもやさしいです。料理の手間もありません。価格も1杯あたり100円前後です。味も様々用意されています。

とり肉(皮なし)よりは続けられそうな気がしませんか?ダイエットも美容も継続できるかどうかですよね。

ダイエット・美容に向いているプロテインは?

正直どれでもいい です。ホントです。栄養価や効果で比べたらどれも大差は有りません。

普通の食事が50点くらいだとしたら、プロテインはどれも90点以上の栄養価です。この違いが実感出来るのは本格的なアスリートのみです。

ではどうやって選ぶのか?

答えは、続けられるもの を選んでください。つまりは、価格と味 です。

高価過ぎてもったいぶって使ったり、マズくて飲むのに抵抗があるようなものは避けてください。 例えば、疲れて食欲が無く、食事があまり食べれないような体調の時でも、取りあえずこのプロテインなら飲める。このくらい飲みやすいものを選んだ方が絶対続けられます。

続けられるかどうかが最重要 。つまり、あなたが美味しいと思えるものがダイエットや美容に向いているプロテインです。

プロテインのおすすめの使い方

食欲があるときにお腹いっぱいに食べて、食欲が無いときはジュースだけ。こんな生活してませんか?これだと最悪です。

  1. 食欲有り⇒食べて太る
  2. 食欲無し⇒栄養不足で代謝を落とす
  3. 食欲有り⇒食べて太る

この繰り返しになってます。どんどん太りやすい体を作っているようなものです。これをプロテインで修正します。

食欲が無いときはプロテインだけでも飲む

食欲が無いときでも、プロテインだけ飲んでおく。そうすると栄養不足による基礎代謝の落ち込みを抑えられます。

例えば以下のようなケース。

  • 運動直後
  • 体調不良・疲労
  • 夏バテ

これらの状況は食欲が落ちてしまいがちですよね。

ですが、同時に最も体が栄養を必要としているタイミングだと思いませんか。こんなときに栄養を取ってあげなければ、どんどん筋肉が栄養として分解されて基礎代謝が落ち込むのです。

プロテインだけでも飲んでおけば基礎代謝の落ち込みを最小限に抑えられます。基礎代謝を高く保てるということは、どうなるかお分かりですね。

大変なことに、顔色は良くなりお肌も髪も正常に再生しツヤツヤ 、しかも脂肪が付きにくい体質になってしまいます。

お腹が空いたら先にプロテインを飲む方法

ダイエット目的の場合です。これは僕もよくやるのですが、結構いいです。

厳密には食事とプロテインを1回ずつだとしたら、どちらを先にとっても同じです。でも、食事を先にすると絶対にプロテインを飲むのをサボってしまう時がきます。

お腹が満たされている状態でわざわざプロテインを飲みたいとは思いません。いくら最近のプロテインは美味しくなったとは言え、ジュースではありませんので味はそれなりです。

空腹時には何か胃袋に入れたいという本能的な欲求がありますので、200ml程度のプロテインドリンクなら苦にならずに飲めます。

それに、若干はお腹が満たされるということで、その後に食事を取ったとしても食べ過ぎを防げます。栄養不足の回避により、脳ミソとしても食欲が収まるかもしれません。

無理してプロテインだけにしようとか考えなくてもいいです。先にプロテイン飲んでから食事 をする習慣をつけてみてください。長期的に見れば無意識にトータルの摂取カロリーが減って 、かつ摂取している栄養は増えている という状況になります。

結果はどうなるかお分かりですね。健康的に痩せてしまいます。

女性用向けプロテイン

DNS woman

dns womanphoto via http://www.dnszone.jp/DNSwoman/index.php 

プロテインは何でもいいのですが、数少ない女性用プロテインのブランドがありますので紹介させていただきます。

DNS Woman ホエイフィットプロテイン ダブルベリー風味 690g

DNSの女性向けブランドです。DNSのプロテインやサプリは僕も使っています。あと、僕と同世代のダルビッシュ有選手も使ってます。←どうでもいいですね

DNSは価格帯としては高くも安くもなく無難な値段です。高価なプロテインはブランド価格だったり一般人には必要が無いレベルだったり。安価なものは味がハズレだったりします。

DNS womanの特徴

  • 女性好みの味の展開
  • タンパク質などが女性向けの量になっている
  • パッケージがカワイイ
  • 他に美容向けの商品もある

プロテインの味

  • ダブルベリー風味
  • ミルクティー風味
  • ショコラ風味

もう絶対美味いやつじゃないですか(笑)これまでのプロテインでは無かった種類のフレーバーです。僕もそのうち飲んでみたいです。

プロテインシェーカーがピンク

女性が飲む量に合わせてサイズも小さめになっています。プロテインシェーカー1つあるとコップとか計量カップがわりに使えるので便利ですよ。

あ、シェーカーが無いとプロテイン溶かすの面倒ですからね。シャカシャカやるのもカロリー消費になると思ってシェーカー振ってください。

スーパーフードプロテイン

スムージーなどで有名なナチュラルヘルシースタンダードからプロテインが発売されています。

ダイエットや美容向けとされるソイ(大豆)プロテインに3種類のスーパーフードが配合されたものです。

▼レビューと解説です。

スーパーフードプロテインのレビューと解説【ナチュラルヘルシースタンダード】

2016.11.26

まとめ

プロテインは運動しないときでも日常的に飲んだ方が体のためになります。

栄養管理を楽にする為に是非プロテインをお試しください。

▼ボディメイクに興味がある女性へ

ライザップが行っている無料カウンセリング良さそうです。ライザップに通う通わないは関係なく、話だけでも聞きに行くべきです。

スポーツ経験・生活習慣や食事内容をヒアリングした上で、2ヶ月でどのくらい減量できるのか という話をしてもらえます。実際にどんなダイエットをするのか話を聞けるのは貴重 です。

プロのカウンセリングを無料で受けられる機会は普通ありませんので、せっかく体を変えることに興味があるのでしたら、使えるものは使ってみても良いのではないでしょうか。

肉体改造もダイエットも結局、動けるかどうかです。こういったチャンスに「無料だから話だけ聞いてみよう」と腰を上げられる人か、それ以外かですね。

話を聞くだけで、正しい知識が身についてダイエットが成功に近づくかもしれませんよ?知識を身につけるより人に聞いてしまうのが一番簡単で早い です。

無料カウンセリング受付中/ライザップ
⬆︎⬆︎これをクリックです⬆︎⬆︎

※追記

僕が確認できるだけで相当数の人が無料カウンセリングの申し込みを行ってます。せっかく無料で話を聞けるんですから使わなきゃ損です。

>>>>無料相談の詳細を見る

⬆︎3分で簡単に終わります。

スポンサーリンク

ご購読ありがとうございます。