肉体改造するならローソンorセブンイレブンでサラダチキンを買うべし。

salad-chicken-recommend-for-diet
salad-chicken-recommend-for-diet

どうも、鶏肉に飽きてきました僕です。

ダイエットにもトレーニングにも効果絶大、低カロリー高タンパクでしかも美味なサラダチキンについて語ります。

スポンサーリンク

低脂肪・高タンパク食品の代表とり肉

ダイエッターやトレーニーなら必ず食べているであろうとり肉。とくに、ササミ・とり胸肉あたりのスペックは非常に素晴らしい。

100gあたり100kcalちょっとで約20gものタンパク質が摂取出来ます。

※皮なしの場合

しかし、世の中そう甘くない。メリットがあれば必ずデメリットも存在する。

そのデメリットとは、、、そう、、、美味しくない!

食品として最重要とも言える味の部分に欠点を持っているのである。

どうやって調理してもパサパサする。かといって味付けのために調味料やら油やらを使っては低カロリーでは無くなってしまうため、使える調味料も限られる。

結果、食べるのもトレーニングだと自分に言い聞かせ嫌々食べることになる。でもやっぱり2日目で飽きる。。。

ちなみにとり肉を柔らかく茹でる方法などもあるが、低温で30分以上かけてゆっくり茹でるため時間と手間がかかる。手間をかけた割にそんなに美味しくないしね。

そんな手間と味を解消する製品が世の中には存在した。

[myphp file=’ad-h2′]

美味しいとり胸肉、その名もサラダチキン

セブンイレブン・ローソンで売っている。

*追記 コンビニ各社・スーパーでも取り扱いあり。

どれも大体、内容量120g 220kcal タンパク質20g 程だ。で、美味い!

そのままでも食べられるし、暖めて食べてもいい。電子レンジ1分で調理完了だ。素晴らしい。

素人なりに色々調理法を試したが、これまでのとり胸肉のなかで一番美味い。しかも味が何種類も用意されている。

サラダなど他の料理に使うことも出来る。コンビニ各社に感謝。

サラダチキンのデメリット

ではこんな素晴らしい食品が万能かと言うとそんなことは無い。メリットがあれば必ずデメリットも存在する。

サラダチキンのデメリットとは、、、、、

そう、価格である。ちょっと高い。

1つ200〜250円する。

スーパーの安売りでとり胸肉を買えば、同じ120gで50〜60円程度で買える。安売りでなくても100円程度です。とり胸肉は元々安い。

ただ、調理時間の節約と美味しさを上乗せ分の200円で買ったと思えばけして高い買い物ではないと思う。

スーパーに買い物行って、皮剥がして、お湯暖めて、茹で上がるまで30分待つ。計1時間。ここまでして200円節約しても、時給200円の仕事をしているようなものだ。

だったらその時間をジムに行ったり、ジョギングしたりに使った方が有意義ではないか?

そう、僕が極端にめんどくさがりなんです。

[myphp file=’ad-matomeue’]

まとめ

めんどくさい人・料理が苦手な人にはサイコーの商品です。

ただ、「プレーン」味なるものはお勧めしません。実際食べてみましたが自分で茹でたのとあまり味が変わらないので、だったらスーパーの方が安くていいわ!って思いました。

【関連】サラダチキンがコンビニで売れすぎて買えないらしい。なら自分で作ろう。

【関連】鳥ハム作ってみた。簡単なレシピを調味料を色々かえて食べ比べてみた結果。

【関連】『鳥肉はヘルシー』と言う人は大抵どのくらい凄いか分かってないので解説。

スポンサーリンク

ご購読ありがとうございます。