肉体改造時の食事にゆで卵を進める理由。ダイエットにも!

ゆで卵 のコピー
ゆで卵 のコピー

肉体改造や筋トレをする際は食事が非常に重要ですよね。

様々な食品が有りますが、中でもゆで卵が非常に有効なので、しょっちゅう食べています。なんか、たいしてパッとしない食品が実は凄かったりする。

そんなゆで卵の優秀さを語ります。

スポンサーリンク

肉体改造時の食事に必要な条件で考える

食事の目的は何か考えてみます。

栄養素

チキンラーメンカルボナーラ風

筋肉をつけるには、何でも食べれば良いという訳では有りませんよね。血となり、肉となり、筋肉になるものを選んで食べる必要が有ります。

まずはゆで卵のスペック。重量ではなく1個辺りで書きます。ちなみに全卵Mサイズ。

  • カロリー:約100kcal
  • タンパク質:約7.5g
  • 脂質:約7.0g
  • 炭水化物:約0.1g

これは正直言って、極端に栄養素が高い訳では有りません。65点くらいでしょうか。中の上ってとこです。

味・食べやすさ

ゆで卵豚汁

これは重要。基本的に栄養価の高さを求めると、代わりに味が落ちるのが一般的です。鳥のササミなんか95点レベルですが、パサパサで食べるのが苦痛になってきます。

ちなみに、カロリー制限を行うと使える調味料や、調理法も限られるので、なるべくナチュラルな状態で食べられるものが理想です。

そんな中ゆで卵は、調味料無しでも行ける味です。味付けも塩コショウ程度で十分。で、毎日食べたとしても飽きない。これがゆで卵の素晴らしさです。

価格・手軽さ

大体10個パックで200円以下で買える場合が多いと思います。続けられる値段 というのも大事です。

これも大事。茹でるだけで食べられる。

切ったり、下ごしらえが不要っていうのはかなり素晴らしいです。これも毎日続けるためには強力な特徴です。

腹持ち・満腹感

ゆで卵3

カロリー制限をしていると、残り100kcalしか摂取出来ないが、果たして何を食べるか?というタイミングがあります。

プロテインドリンクだと栄養素は抜群だが、ドリンクなだけに食べた気がしない。そんな時に固形物のゆで卵が重宝するのです。

僕は適当に、ゆで卵1個で70kcalのタンパク質7gくらいで計算してます。

その他、ゆで卵を進める理由

温泉卵

意外に消化に良い

消化に良い順番で並べると

半熟卵>ゆで卵>生卵>目玉焼き・卵焼き となる。

生卵が意外に消化に良くないです。焼いてしまうと、タンパク質が固くなるし、油も使うのでスペックが下がります。

アレンジのしやすさ

そのまま食べるだけではない。

食事にゆで卵を1個追加することによって、タンパク質の摂取量を7.5g追加できる手軽さ。サラダでもパスタでもカレーライスでも、もう何にでも入れられます。

携帯能力

持ち運びも可能(笑)

そのまま持ち運びはしないかもしれないが、お弁当に入れたり出来るのは便利ですね。

変化形

上級者向けになるかもしれないが、黄身を外して白身部分だけ食べた場合

  • 100g辺り
  • カロリー:約50kcal
  • タンパク質:約10g
  • 脂質:約0g
  • 炭水化物:約0.4g

の上質な食品に変化可能。

ただ一般的な筋トレやダイエットレベルではここまでする必要は無いかと思う。

作り方

鍋での茹で方

  • 中火で蓋がカタカタ鳴るor湯気が出るまで
  • そして弱火で5分。
  • 火を止め、蒸らし5分で完成!!

これが基本。簡単すぎる。蒸らしの時間を1〜2分プラスマイナスすれば、半熟や固ゆでの調整が出来る。

調理器具や、室温・卵の温度によって若干変わるので、自身の環境や好みに合わせて微調整して頂きたい。

ちなみに温泉卵は70度で30分で出来ます。

茹でるのが面倒な人用(追記)

最近はいろんな便利グッズがあるようなので紹介。電子レンジでもゆで卵って作れてしまうんです。1個用から4個用まであり。

温泉卵を作れるグッズもあります。これが一番消化に良いですし、美味いですよね。

まとめ

食品となると栄養素だけに注目されがちですが、継続可能な物でなければ意味が有りません。卵は利便性・使い勝手の面で優秀だと思います。

僕は極度の面倒くさがりですので、ゆで卵に感謝です。継続は力なり。継続力を与えてくれるゆで卵サイコーです。

*茹でた後はなるべく早めに食べきりましょう。賞味期限は冷蔵保管で2〜3日のようです。

【関連】1〜2ヶ月でどれだけ痩せられるか?ダイエット・減量に必要な期間の目安。

【関連】痩せたいのに痩せられない人へ。痩せない原因をズバリ教えます。

【関連】天然の筋肉増強剤!?テストステロンの効果と増やす方法。

スポンサーリンク

ご購読ありがとうございます。