【カッテージチーズ】ダイエット中に食べられる低カロリー・低脂肪のチーズ

食事・栄養

チーズと言えば、美味しいんだけど「高脂肪で高カロリー」。

減量中はなかなか食べられない食品の代表みたいな物です。

色んなチーズがあるなかで一番低カロリーなカッテージチーズを紹介します。

これがなかなか美味。

料理にも使えるしデザートでもいけます。

チーズのカロリー・栄養素

栄養素比較

各100gあたりの栄養素です。

 エネルギーkcalタンパク質g脂質g炭水化物g
カッテージ1051351.9
エダム35629251.4
エメンタール42927341.6
カマンベール31019250.9
クリーム3468332.3
ゴーダ38026291.4
チェダー42326341.4
パルメザン47544311.9
ブルー34919291
プロセス33923261.3
※各100gあたりの栄養素

他のチーズと比べると圧倒的に低脂肪で低カロリーです。

他のチーズの3分の1〜4分の1程度のカロリー

脂肪が極端に少ないのと、水分量が多いのが理由です。

105kcalだと、とり胸肉(皮なし)と同程度のカロリーでしょうか。

乳製品なので、タンパク質も十分含まれています。

カロリーが無くて、栄養も無いのでは意味ありませんから。

栄養素としては文句無いですね。

チーズは糖質制限(低炭水化物)ダイエットであれば食べられる

チーズは栄養価としては非常に優れた食品です。

簡単に考えると、牛乳の栄養を凝縮して固形にしたものですからね。

ビタミンB2やビタミンAが豊富に含まれることも健康によいとされています。

ただし、ダイエット中に食べるときに懸念されるのが「脂質が多いこと」です。

その代わり、炭水化物(糖質)は非常に少ないです。

糖質を制限するタイプの栄養管理でダイエットをする場合に限っては、どのチーズでも食べられます

それ以外の、一般的なカロリー制限や脂質を制限するダイエットであれば、やはりカッテージチーズを選ぶべきです。

カッテージチーズの種類

スーパーで手に入るものに限ってですが、形状?が2種類あります。

通常タイプ

見た目はポロポロ?ぼそぼそ?してる感じです。

そのまま食べても良いし、崩れるのでサラダなどにパラパラっといれてもOK!

冷やすと結構固くなるんですが、もうアレですよ。

まるでアイスです。甘さ控えめの。

コチラのタイプの方が人気のようです。

うらごしタイプ

基本性能は一緒だけれども、うらごしされたタイプ。

バターとかマーガリンみたいなタイプですね。

パンに塗ったりするにはコチラが便利。

というか通常タイプはボロボロして塗れないですw

用途に合わせて選んでください。

カッテージチーズを自分作ることも出来る

カッテージチーズは一応自宅でつくることもできます。

レシピは以下。

  1. 牛乳をなべで60〜70℃に温める
  2. 火を消して酢を入れて混ぜて置く
  3. 分離する
  4. ざるとキッチンペーパーや布巾でこす
  5. 残ったものがカッテージチーズ

乳製品関連は結構値上がりしてるので、もし市販品より安く作れるのであれば自分で作るメリットはありますね。

詳しくはmeijiのサイトやクックパッドなどで見てみてください。

カッテージチーズの食べ方

そんなに主張しないチーズなので、いろんな料理に使えそうです。

『カッテージシーズ レシピ』で検索するとたくさん出てきます。

味的にはそのままでも食べられる

個人的にはそのまま食べてしまいますが、

はい、栄養素と同じくらい重要なファクターきました。

いくら栄養素が優れていても、クソまずいものは現実的に取入れられないですよね。

結論を言うと、、、

美味いです!!

脂肪が少ない分、他のチーズに比べてあっさりサッパリしてます。

そのままおやつ代わりに食べられるくらいです。

栄養満点のおやつと言ってもいい。

ただ、そのまま食べるだけじゃカッテージチーズの魅力ではないんだなこれが。。。

カッテージチーズバニラアイス風

甘いものが食べたくなったときの必殺技を紹介。

①冷蔵庫で冷やしたカッテージチーズを用意。

②パルスイートをかけます。

パルスィート カロリー0 液体タイプ 350g

③バニラエッセンスをかけます。

共立食品 バニラエッセンス 28ml 15106

 

バニラアイス(仮)の出来上がり!!

一度お試しあれ。

カッテージチーズを料理に使う

カッテージチーズを販売しているmeijiのサイトやクックパッドでも見ればレシピが大量に出てきます。

料理が好きな人は色々探してみてください。

カッテージチーズまとめ

ダイエット中だとなかなか食べるものに困るなーという人はカッテージチーズ試してみてください。

もちろん、筋トレをする人も低脂質で高タンパク質な食品として非常に重宝します。

タイトルとURLをコピーしました