ウエイトトレーニングに必要なグッズ3つと選び方|初心者〜中級者向け

トレーニンググローブ

トレーニンググローブが破けました、どうもトイガーです。

トップの画像が僕のトレーニンググローブですが、よく見ると一部分が破けてスポンジが出てきています。そろそろ新しいグローブを買おうかなと検討中。せっかくなので、僕が使っているトレーニングッズについて書いてみます。以下の3つ。

  • トレーニンググローブ
  • ウェイトベルト
  • ディッピングベルト

ウェイトトレーニングに置けるグッズ・アイテムとは必ず必要なものでは有りません。トレーニングの効率化だったりケガを予防するためのもの。中級者までが必要だとすればこの3つだと思ってます。

これからトレーニング(マシンを含む)を始める方や、まだグローブやベルトを使ったことが無い方は参考になると思います。

スポンサーリンク

トレーニンググローブ

GOLD'S GYM(ゴールドジム) レザーグローブ G3401 BLACK/BLACK Mサイズ

目的・用途

  • 手のひらの保護
  • 滑り止め

マシンやバーベルでトレーニングをしていると手のひらが痛くなります。まだ筋力的に余力が残っているのに、痛みによってトレーニングの停止になってしまうのを防ぎます。また、汗をかいた状態でグリップが滑ると非常に危険ですので、滑り止めとしても必要。

手のひらの皮が厚めな人は不要かもしれませんが、僕はすぐ手のひらが痛くなるタイプなので必ず使ってます。女性でマシントレーニングのみ行う人も、グローブだけは用意してもいいと思います。

選び方

理想はゴールドジムなどのレザーの製品ですが、中級者までは特に気にしなくてもいいと思います。たまに、軍手でやってる高齢者など見かけますが、あれは辞めましょう。安価品は弱くて伸びたり、滑ったりして危険です。利用目的からすると本末転倒です。

ちなみに、小さいサイズがあってオシャレなので僕はナイキを使ってます。

美貌のためにトレーニングしてるのに、手のひらにトレーニングダコができたら残念ですので、女性も是非!ナイキだと女性用のもあります↓

ウェイトベルト(リフティングベルト)

GOLD'S GYM(ゴールドジム) ブラックレザーベルト XSサイズ

目的・用途

  • 腹圧を高め体幹を固める
  • 腰のケガ防止

ベルトでお腹を締め付けることで、腹に力が入れやすくなります。腹筋と腰回りの筋肉に力を入れることで、体幹がしっかり保持されパワーのロスが防げます。主にバーベルスクワットやデッドリフトの時に使います。ある程度の重量を扱うようになったら、ケガ防止の為にも取入れた方が良いです。

しかし、あまりにも軽い重量では使っても意味が無いですし、自分で筋肉に力を入れることを怠けてしまうことになります。どのくらいの重量からベルトを必要とするかは特に決まりはありません。

僕の感覚では、扱う重量が自分の体重を越えてきたら使ってもいいのではと思っています。トレーニングの動作中に、少しでも力が抜けたら危ないかなと感じる重さの時は使うようにしています。

選び方

がっちり締め付けられるサイズを選びます。ゴールドジムのベルトはサイズが大きいので、日本人であれば殆どSサイズかXSサイズです。身長180cm・体重75kgくらいの人でもSサイズが丁度いい感じです。

ゴールドジムの高級レザーを考えるのは、扱う重量が100kgを越えるようになってからで良いと思います。それまでは布製でも問題ありません。僕はかなり細いのでたまたまサイズが有ったナイキを使ってます。(当時はゴールドジムのXSがありませんでした)僕のはマジックテープ式ですが、今のところ問題ありません。

自分の腰の生命線となるものなので、あまりケチらないようにしましょう。

ディッピングベルト

BB-SPORTS BODYMAKER チン&ディッピングベルト 10KDPB

目的・用途

  • 腰に重りをぶら下げられる
  • チンニングやディップスで加重する

チンニング(懸垂)やディップスは非常にメジャーで重要なトレーニング種目です。しかし、バーバルと違い自由に重さを返ることができません。つまり、自分の体重が余裕になってしまうとそれ以上の負荷はかけられなくなります。そこで、ディッピングペルトの登場です。

自分の体重プラスαの重要でトレーニングを行うために、腰に重りをつけます。ベルト部分を腰にまわし、前についているチェーンにプレート(重り)をセットして使います。

選び方

懸垂を10回以上できるようなら取入れていいと思います。なぜか、プッシュ系(ベンチプレス)は重量を増やしても、懸垂で加重している人は少ないです。目に見えない背中の筋肉も鍛えて上げた方が、絶対に見た目(スタイル)が良くなります。アジア某国のアイドルみたいにアンバランスに胸筋だけ盛り上がった変な筋肉のつき方になります。

大きく安価な布製品と、高価なレザーとが有ります。 〜20kgくらいの加重なら布で十分。将来的に40〜50kgレベルの加重を目指す人はレザーのしっかりした製品にしましょう。

[myphp file=’ad-matomeue’]

まとめ

もっとマニアックなのもありますが、〜中級者が使うとすればこんなところだと思います。

さて、やっぱりナイキのグローブにしようかな。カッコいいし。

NIKE(ナイキ) ウイメンズ プロ フロー トレーニンググローブ ブラック/レイブピンク Mサイズ AT2003-128-M

NIKE(ナイキ) ウイメンズ プロ フロー トレーニンググローブ ブラック/レイブピンク Mサイズ AT2003-128-M

スポンサーリンク

ご購読ありがとうございます。