ニキビを治すにはビタミンB・Cが効果的である理由

ニキビや肌トラブルを抱えている人は洗顔や保湿のケアだけでなく、栄養がとても重要 です。

いくら肌ケアをしても栄養不足だと健康的な肌にはなれません。

いかに栄養が重要かという説明と、栄養補給の方法について書きますので、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

美容は栄養が一番重要である理由

栄養の重要性

まず重要なのが、肌ケアに関しては外側よりも内側が大事 と言われます。つまりは、洗顔などで除去できる汚れなどの問題よりも、摂取する栄養など体内の問題の方が重要度が高い ということ。

いくら丁寧に洗顔をしたり、保湿ケアを行ったとしても、栄養不足では健康的な肌は維持できないとうことになります。

これは一般的な肌のケアもそうですし、ニキビなどのお悩み肌に関しても一緒です。たとえば、アスリートの体づくりでも、トレーニングと栄養の重要度は、3対7で栄養の方が大事 なんです。

これくらい、人の体にとって栄養は重要なのです。

栄養は難しい

もっとも重要なのにも関わらず、もっとも難しいのも栄養摂取です。

洗顔なんて見た目で汚れているかどうか分かりますし、保湿なども肌の感覚や手で触った具合でなんとなくわかりますよね。でも、栄養に関しては何をどれくらい摂取できているのか、何がどれくらい足りないのかなんてわかりません。

車のガソリンメーターのように今どれくらい栄養が入っているかわかれば良いのですが、これがわからないところが人間の体の難しいところなんです。

ですので、分からないものというのは黙っていればおろそかになります ので、少しでも肌の状態に不安があるということは絶対に何か栄養が不足しているんです。

自分で積極的に摂取しようとしなければ、必然的に栄養不足に陥ってしまうということを意識したいです。

肌に必要な栄養はビタミン

では、目的を美肌にした場合、必要な栄養はビタミンになります。もちろん他にも様々な栄養が関わってきますが、最も一般的に不足しているであろう栄養がビタミン です。

肌を初め、髪の毛や爪と言った、人体のほとんどはタンパク質で出来ています。しかし、食事からタンパク質を摂取しても、ビタミンが不足しているとうまく体がつくられません

結果、肌環境が崩れてしまったり、肌の再生が出来なくなってボロボロになったり、ニキビができやすくなります。出来てしまったニキビが治りづらいのも栄養不足 かもしれませんね。

栄養摂取の難しさ

栄養不足になる原因として、摂取するのが難しい ということもあります。

いざ、栄養を取ろうとして野菜をたくさん食べようと思っても、正直野菜だけで必要な栄養素を摂取するのは厳しいです。よく、一日350gの野菜を取りましょうなんて言われますが、なかなかの量ですよね。しかも、実際のところは350g程度では足りないって知ってますか?

この数字はあくまでも、栄養バランスを考えて野菜の種類を選択した場合に、350gでギリギリ何とかなるという基準です。ですので、少しでも野菜の選択を間違えると、350gでは何かしら不足する栄養素がでてしまいます。

また、ストレスや体の疲労などで体内のビタミンはどんどん消費されてしまいますので、その分350gの野菜プラスアルファの栄養が必要 になるのです。これではとても野菜を食べたくらいでは必要な栄養が摂取できているとは言えません。

さらに言うと、ビタミンは体内に長時間保持することが出来ませんので、こまめに取り続けることも必要です。水溶性のビタミンであれば摂取から2〜3時間で体外に排出されてしまいます。

このように、栄養摂取というのはかなり難易度が高いものなので、相当意識している人でないとほぼ100%栄養不足に陥っていると考えられます。 

逆に言えば、栄養摂取さえなんとかできれば、肌トラブルを改善できる可能性が十分にある ということなんです。次から栄養を摂取する方法を見ていきますね。

ニキビ・肌荒れにはビタミンBとC

細かいとこをを上げるとキリがありませんので、まず気にするべきビタミンとしてVbとVcを見ていきます。

ビタミンBの効果

ビタミンBはいくつか種類があり、ビタミンB1・B2・B6・B12などがあります。まとめて、ビタミンB群 と呼ばれます。それぞれ細かい特徴がありますが、B群を全体的に摂取しようと考えて頂いて大丈夫です。

ビタミンBは特に不足しがちな栄養素です。豚肉や玄米など、毎日の摂取が難しい食品に含まれているためです。

ビタミンBの働きは主に、糖質や脂質をエネルギーに変えるものだと思ってください。ですので、ダイエット目的の場合もビタミンBは必須です。

また、疲労回復にも関連しますので肩こりや筋肉痛が治らない人もビタミンBの摂取が有効です。他には腸の蠕動運動にも関係しますので、便秘なんかにも有効です。何かしら体力が無いとか、疲れやすいとか体の不調がある場合はビタミンB不足の可能性 があります。

これが、そのまま肌荒れにも影響 していると思ってください。肌に皮脂や代謝のコントロールにもビタミンBが関わっています。

ビタミンCの効果

ビタミンCで有名な効果は、酸化防止 ですね。活性酸素から肌の老化を防いでくれます。合わせてシミやソバカスにもビタミンCが有効とされます。

他には、肌のハリや弾力に関わるコラーゲンがありますが、コラーゲンの生成を促進するのがビタミンCです。よくあるコラーゲンが入った食べ物やドリンクって実は全く意味がないんですよ。コラーゲンもタンパク質の一種で、飲んだものがそのまま肌にいくわけではありません。

体内で一度分解されてから、ビタミンCの働きでコラーゲンが作られる のです。ですので、いくらコラーゲンドリンクを飲んだところで、ビタミンCが不足していれば体内でコラーゲンが作られないのです。

ビタミンCのニキビ肌への有効性では、抗炎症作用皮脂分泌の抑制 もあります。

サプリメントを活用する

ビタミンBもCも、食事だけで補うのはもはや不可能に近いです。毎日、新鮮な野菜を仕入れるだけでも、一日に必要な野菜の量を考えると毎日何千円もかかる量です。

また、水溶性ビタミンは加熱料理にて壊れてしまいますので、野菜を生のまま食べることになります。多分食べきれない量でしょう。調理でかさを減らしたら、栄養も減ってしまいますので意味がありません。

つまり、現代人にとって必要な栄養を摂取しようとした場合は、サプリメントを活用するのが最も現実的 なのです。といいますか、他に方法がありません。

サプリの方が野菜より多くの栄養が摂取できますし、値段も安くできています 。可能な限り食事に気を使いつつ、サプリを併用するのがベストです。

サプリの選び方

一般的に間違いやすいのが、ビタミンBやCのサプリを摂取することです。単独の摂取ではなく、マルチビタミンを摂取 してください。

ビタミンというのは1種類でその効果を発揮するのではなく、複数種類のビタミンが組み合わされて、相乗効果を発揮 するように出来ています。ですので、せっかくビタミンBやCはを摂取しても、他のビタミンが不足しているとその効果は半減すると思ってください。

また可能であれば化学合成のビタミンではなく、自然由来のサプリ を選んだ方がより安心です。好きなブランドなどがあればあなた自身で選んで頂いても構いませんが、一例として紹介しておきますので、特にこだわりなければこれを試して頂いて結構です。

【限定】栄養が足りないあなたへ10種のビタミンが1粒で!?>>

↑こちらから移動できます↑

ビタミンが補給できる化粧品

サプリで体内からの栄養を補給するのに合わせて、外側から栄養を入れてあげるとより効果が期待できます。ちなみに、上にも書いたとおり、コラーゲンとかを取るより大事なのはビタミン です。

ビタミンに関して追求している化粧品てあまり多くないかもしれませんね。中でも特別こだわってそうなのがVCシリーズ です。もう名前からVC(ビタミンC)ですからね(笑)

肌から浸透させられるビタミンC誘導体 というのを聞いたことがあるかもしれません。その中でもVC200 というビタミンC誘導体を使っていて、従来のものより浸透力が200倍 あるそうです。

この記事で少しでも栄養に関してこれまでおろそかにしていたなと感じた人は、一度使ってみてもいいかもしれませんね。幸い7日間のお試しセットがありますので、1000円で自分に合うかどうか確かめられます。

もし試して効果を実感できたなら、やはり栄養不足だったということが判明します ので、肌トラブルに悩む人はトライしてみてほしいですね。

▼お試しはこちらからどうぞ。

【VCシリーズ】VCスターターセット

今だけ1800円が1000円に値下がりしてます ので、この機会にお肌にしっかり栄養を与えてみてはいかがでしょう。

あ、乾燥が気になるこの季節です。お肌に関してもビタミンは重要ですよ。

200倍の浸透力の効果が楽しみですね。

【VCシリーズ】VCスターターセット

↑↑画像か文字をクリック↑↑