サスケパークin豊洲2014!チャレンジした感想と完全制覇の攻略法をメモ。

スクリーンショット 2014-08-24 01.06.39
スクリーンショット 2014-08-24 01.06.39

こんにちは。

あのSASUKEに挑戦してきました!いやーなるほどねーって感じでしたよ。

体力自慢のテーマパークで遊んできた感想と、攻略のために必要だと思った点を備忘録として残したいと思います。

開催中のパークは2014/08/31までです。また、次回もあると聞いたのでレベルアップ出来るようにエリア・ステージ毎に記録します。

僕の結果は記事内にあります。

スポンサーリンク

SASUKE事前準備

勝負に勝つには周到な準備から!

以前の記事にも書いたので良ければ合わせて見てください!

SASUKEが豊洲にオープン!挑戦する前の下調べ【動画あり】

公式ページ

服装・持ち物

  • 運動服・靴
  • タオルや水分
  • チケット代

運動靴にハーフパンツ・Tシャツで行きました。実際これで全く問題ありませんでしたね。他にも汗拭きタオルがあれば十分でしょう。入場時に運動靴を履いている(持参している)か確認されます。

水分補給用のドリンクなどは持参した方がベターです。施設内の自動販売機は1本200円でやや高めです。休憩室以外は日陰が無いので水分摂取量半端ないです。セブンティーンアイスは150円です。

チケット代はフリー大人で4930円(税込み)でした。何回でもチャレンジできるチケットです。入場券1500円もありますが、入場券で入っているのは子供に付き添いお母様方か、彼氏に付き添いの彼女くらいでした。チケットは紙のバンドを手首に巻き付けるタイプで、当日の入退場は自由です。

平日に行きましたが、それほど混雑もなく楽しめました。

 

テーマパークにある設備

  • 更衣室・コインロッカー
  • シャワー
  • 休憩・食事スペース
  • 出店

コインロッカー有り。サイズ別に300円、400円、500円のものがありました。お金は戻ってこないタイプです。

シャワー有り。今回は使いませんでしたので申し訳ありませんが詳細不明です。トイレが結構キレイだったので、シャワーも悪くはないと思われます。

休憩室・食事スペース有り。クーラーが聞いてて気持ちいいので、熱中症で倒れる前にこまめに逃げ込みましょう。

出店有り。SASUKEグッズ売ってます。スマホケースやTシャツなど。SASUKEに出場している菅野 仁志さん(シルバーデザイナー)がデザインしたTシャツもありましたよ!

食事関連は特に普通のものしかありませんでした。焼きそばとか、おにぎりとか、かき氷とか。勝負飯やサプリが必要な人は持参しましょう。

 

交通・アクセス

sasukeアクセス

新豊洲駅からすぐです。

車で行く場合は駐車場が1500円で1日利用できます。平日にいきましたが、午前中は十分空いていました。

サスケの施設を遠目で見ると、鉄パイプの骨組み施設が壁で囲まれてる感じ。まるで建築現場です。

 

SASUKEテーマパーク体験記録

さて、人生初のサスケです。EASYコース・NORMALコース・SASUKEコースとありますが。今回はNORMALコースでの体験記です。練習無しでぶっつけ本番でチャレンジしてきました。

ルール

練習とチャレンジが選べます。練習はそれぞれのステージを単体で練習出来ます。途中で落ちても、次のエリアをそのまま体験することもOKです。

完全制覇を目指すにはチャレンジの申告をして始めます。スタンプカードをもらって1stステージから順番に進んで行く必要があります。1ステージクリアごとにハンコが押され、途中失敗したらそのカードは無効。1stステージから再チャレンジする必要があります。

 

1stステージ

  • ロングジャンプ
  • パイプ斜めのぼり
  • 揺れる橋
  • ターザンロープ&ロープラダー

ロングジャンプですが、以外と飛べなくてビビります。社会人になってジャンプなんてすること無いですからね。学生時代の体力測定以来なので、約10年ぶりの走り幅跳びです(笑)。助走距離が結構短い。思いっきり行って何とかなりました。

パイプ斜めのぼりは、傾斜のついたパイプを手でぶら下がって登ります。普通に懸垂が出来る人であれば楽勝です。

揺れる橋。たいして揺れません。普通に歩けばOK。

ターザンロープ。ぶらーんと行ってネットに移り、登りきったところでボタンを押したらクリアです。ロープラダーはなるべく高い位置から始められるようにした方が良いです。地味に体力消耗するので、無駄な力を使うと後で効いてきます。

 

2ndステージA

  • 5段跳び
  • バランスタンク
  • そそり立つ壁
スクリーンショット 2014-08-23 23.36.59 スクリーンショット 2014-08-23 23.39.57 スクリーンショット 2014-08-23 23.37.42

引用元:http://www.sasuke-park.jp

 

 

5段跳びは普通に出来ると思います。運動靴ですべるようなことも無かったので問題無し。

バランスタンクはドラム缶の上に乗ってゴロゴロ進みます。転倒防止なのか、上に張ってあるロープを手で掴むように言われます。ロープを掴みながらなので楽勝です。

そそり立つ壁。そり立つ壁ではありません。登りきるのは大変かなと思っていたのですが、なんと中盤からロープ掴んで登れます。ロープ掴んでしまえば普通に登るだけ。

これらが一番簡単かもしれませんね。

 

2ndステージB

  • 反り立つ壁
  • スパイダーウォーク
  • ウォールリフティング
スクリーンショット 2014-08-23 23.51.24 スクリーンショット 2014-08-23 23.51.32

 

スクリーンショット 2014-08-23 23.51.41

引用元:http://www.sasuke-park.jp

SASUKEと言えば有名な反り立つ壁の登場です!結論から言うと普通に出来ました。スタート前にスタッフさんにコツを聞いたので皆さんにも共有します。

壁の途中に目印のテープが張ってあります。ジャンプすることなどは考えなくていいので、そのテープまで駆け上がるように行けば届きます。

素直にその通りにしたら一発でつかめました。走る⇒ジャンプとやると失敗します。上まで走り続けるんです。そうすると気づいたら手が届いてるって感じ。ですので、どの辺でジャンプしたかとか全く覚えていないです。ちなみに僕の慎重は160センチ台です。

スパイダーウォークはちょっと怖かったですね。特に問題ありませんでしたが、一回滑ったらリカバリーは難しいので慎重に行きましょう。

ウォールリフティングも普通に大丈夫です。体感的な重さは、10キロ⇒20キロ⇒30キロくらいでした。

これもケガ防止なのか、重くなる程スタート位置(ウォールがセットされている高さ)が高い位置から持ち上げるように設定されてました。最後にボタンを押してクリアです。

余談ですが、各エリアにサポートしてくれるスタッフさん(バイトの人達)が待機しています。2ndステージBくらいからスタッフさんのテンションが上がってきます(笑)

「ヨッシャー!」「イケー!!」「よし、イッター!!」

ってな具合で気合いを入れてもらえます。楽しいっす。

 

3rdステージ

このステージのみ時間計測無しです。SASUKEっぽくなってきました。順番待ちしてる人も元気そうな野郎ばかりになります。雰囲気変わります。なんてゆーか皆真面目な雰囲気で見守ってる感じです(笑)

  • バンジーロープクライム
  • ランプグラスパー
  • クリフハンガー
  • パイプスライダー
スクリーンショット 2014-08-24 00.13.52 スクリーンショット 2014-08-24 00.14.00 スクリーンショット 2014-08-24 00.14.08 スクリーンショット 2014-08-24 00.14.13

引用元:http://www.sasuke-park.jp

まずはバンジーロープ。4本のロープを伝って渡ります。腕だけで体重を支えられないと厳しいです。4本目から着地点までやや距離があるので何とか足を引っかけて慎重に降りましょう。最初に高い位置からスタートするのがコツのようです。

 

続いてランプ。ランプ状の取ってをホールドして進みます。全部で確か10個くらい。ここはチョーク(手につける滑り止め)があるのでしっかりつけないと滑ります。

てか滑りました。

 

ハイ、終了です。僕はここで落ちましたよ!(笑)

スクリーンショット 2014-08-24 00.23.58

なんて言うか、どう掴んだら良いか不明で片手がはずれました。その瞬間きづいたんです。

 

あれ、握力がねぇ・・・ (汗)

 

ここまでのチャレンジですでに疲労がたまってたようです。情けないです。

ここは普段掴んだことが無い形状をしているので、チャレンジの前に1度感覚を練習しておくことをオススメします。

これ単体であれば普通にできますが、これまでのステージで消耗している状態だとキツいです。たぶん2ndステージBまでをウォーミングアップ感覚でできるくらいじゃないと持久力が持ちません。

 

で、そのあとに続けてクリフハンガーです。同じく握力と腕力が残っているかどうかです。単体だと出来るけど連続してやる持久力が無い、に尽きます。

もうそれだけです。懸垂100回やりましょう。

最後パイプスライダー。スライドの部分は誰でも出来ます。最後の着地部分が難しいです。テレビで見たことがあるかもしれませんが、着地点が遠いので普通に降りたら届きません。でもそのために体を振るとパイプが後ろにすべってしまいます。要練習です。必ず上手い人がいるので、その人がどうやってやっているが見ると分かりやすいです。

 

ここまでクリアした人がファイナルコースへの挑戦権が与えられます!

 

ファイナルステージ

ついに来ましたファイナル。僕はやってませんけどorz

スクリーンショット 2014-08-24 00.50.30

引用元:http://www.sasuke-park.jp

SASUKEタワー(綱のぼり)です。

さんざん腕力使ってきて、また腕ですよ。正確な高さは分かりませんが目測20メートルくらい?

制限時間は16秒です。

ファイナルのチャレンジの際は、スタッフさんがマイクで会場に声がけしてくれます。

「本日2人目のチャレンジャーが現れました!皆さん注目しましょう!」って。

来場者に見守られながら、スタートしカウントダウンのブザーも会場内に鳴り響きます。

いやースゲーよ。さんざん腕使ってきた上で、更に制限時間付きの綱のぼり。あのペースで登るのは無理だと感じましたね。

しかも、3回目の完全制覇で記録更新をする人もいました(笑)前回は2秒残しだったので、今回は3秒残しに挑戦!って。

見事完全制覇した人は記念撮影をして、会場内とホームページに掲載されます。

 

まとめ

せめてファイナル挑戦したかったです。

この後、最初からもう1セットやったんですが同じくランプで脱落です。しかも1回目より大きくタイムダウン。技術的な要素でなく、完全に身体能力不足ですので当たり前なんですが。

全体的にテレビの本家サスケに比べて、安全性などを考慮して難易度が下げられている印象でした。この程度のものをクリア出来ないなんて話になりませんね。自分が情けないです。

課題が見えたのでいい経験になりました。次回に向けてもっと自重系のトレーニングも取入れて行こうと思います!

東京近郊の人は是非チャレンジしてみてください!

風邪ひいてたとか言い訳はしません!では!

【関連】 SASUKEが豊洲にオープン!挑戦する前の下調べ【動画あり】

【関連】握力を鍛える!世界基準のCOCグリッパーをクラッシュせよ。

スポンサーリンク

ご購読ありがとうございます。