レッドブルの起源はリポビタンD!?エナジードリンクの仕組みと効果とは。

Evernote Camera Roll 20140427 222604
Evernote Camera Roll 20140427 222604

ここ数年エナジードリンク市場が盛り上がっていますね。

次々と新しいエナジードリンクが発売されてます。

エナジードリンクを飲むとエナジーが出る理由についてです。

スポンサーリンク

レッドブルはリポビタンDから出来ていた。

人からきいた話ですが、レッドブルの起源は何とリポビタンDらしい。

あの、一発でファイトが出るやつですね。

 

これに目を付けてタイでオリジナルのレッドブルが誕生します。

で、現在はオーストリアにて販売されているレッドブルが、一般的に目にするレッドブルエナジードリンクのようです。

レッドブル社について興味がある人は、イケハヤ書店で詳しく書かれています。

 

こんなところにもジャパニーズブランドの影響があったとは。。。

 

エナジードリンクのエナジーが出る仕組みと効果

さて本題に入ります。

エナジードリンクが何故エナジーが出るか知っていますか?

他の炭酸ジュースと何が違うのか?

 

体内でエネルギーが作られる仕組み

食べ物から摂取したカロリー(糖分)が体内で燃やされることでエネルギーとして使えるようになります。

ここで重要なポイント。

糖分を燃やすためにはビタミンBが必要なのです。

体内にある糖分がビタミンBによって燃やされてエネルギーになる。

まずはここを理解してください。

 

エナジードリンクの成分と仕組み

上に書いたように、エネルギー発生させるには糖分とビタミンBが必要です。

つまり、エナジードリンクにはエネルギー源となる糖分と、それを燃焼させるためのビタミンBが含まれて言います。

一緒に摂取することで体内でエネルギーが作られる。

これがエナジードリンクを飲むとエナジーが出る仕組みという訳です。

これが基本的な仕組みです。

 

それに加えて、各社色々と効果がありそうな物を含ませているという感じでしょうか。

・アルギニン

・ナイアシン

・カフェイン

・漢方薬

などなど。。。

 

エナジードリンクは効果があるのか

あるかないかで言われれば有ります。

ただ、どの程度効果があるかと問われると各社によって違いが出ます。

いずれにしても、含まれるビタミン類などの含有量でみるとそれほど多くはないと思います。

 

アミノ酸系を摂取したいなら、サプリメントで摂取すればいいですし。

カフェインならコーヒーでもいい。

漢方系は漢方薬を飲めって感じですね。笑

これらを手軽にドリンクという形に納めたのがエネジードリンクなんでしょうね。

 

半分はプラシーボ効果でしょう。

プラシーボ効果とは、つまり気持ちの問題ということです。

 

知り合いの看護師さんが言ってましたが、

老人「看護師さん体が痛いよ。」

看護師「はい、痛み止めです。

( ゚Д゚)⊃○ (←フリスク)」

老人「ありがとう。痛みが和らいだよ。」

 

こういうことです。

 

バファリンの半分は優しさで出来ているように、

エナジードリンクの半分は気合いで出来てます。

 

微妙に高い値段ですが、普通のジュースに添加物分の値段が加わったと考えると妥当かなと思います。

まぁ本当に効果がでるレベルの成分を含ませたら、とても200〜300円で販売なんて出来ませんからね。

しっかり作ったら、ユンケルの高いやつのように1本1000円オーバーになります。

高いものを飲んだということもプラシーボ効果の一種です。

 

まとめ

通常のエナジードリンクはエネルギー摂取のために糖分が大量に入っているので、ダイエット中はオススメ出来ません。

でも、個人的にはエナジードリンクは好きなので良く飲みます。

ゼロカロリーのエナジードリンクは、ビタミンBの摂取によって体内にある糖分を燃やしやすくしてくれるので多少はダイエット効果が有るかもしれませんね。

味が好きで、気合い(成分でなく気持ちの部分)で体が動くタイプの人には有効です。

成分だろうが気合いだろうが効果があればいいんです!

気合いって大事ですよ。

スポンサーリンク

ご購読ありがとうございます。