持ち運びに便利!プロテインドリンクPro-Xがおすすめ【DNS】

Pro-X

手軽に栄養補給が出来るプロテイン。トレーニーもダイエッターもお世話になるサプリメントです。

とても便利なプロテインですが、やはり欠点もあります。具体的には以下。

  • 粉っぽくて美味しくない
  • 作るのが面倒
  • 持ち運びが難しい

納得して頂ける人も多いはず。いまいちピント来ない人でも、プロテインを取入れた生活をすればきっと、なるほどと思うときが来るはずです。

これらプロテインのデメリットを全て解決してくれる商品が、DNS社のPro-Xです。

味・手軽さ・携帯性を追求して作られたプロテインドリンクの紹介です!

スポンサーリンク

プロテイン粉末とPro-Xの比較

栄養補給はタイミングも重要

プロテインは、ただ量を摂ればいいというものではなく、タイミングが重要だ。絶対に逃してはいけないのが運動直後30分間のゴールデンタイム。その時間にいち早く筋肉の材料となるたんぱく質を摂取できれば、それだけ速く、そして効率的に身体を作ることが出来る。[引用:DNS ZONE

トレーニング後の体は栄養を欲しています。諸説ありますが、なるべく時間を置かずに栄養を摂取した方が効果的との見解が一般的です。

実際のところ30分以内に栄養を取らなければいけないと言うことは有りません。しかし栄養が枯渇した状態(カタボリック)が長く続くと筋肉が分解されてエネルギーとして消費されてしまいます。

カタボリック
栄養不足で筋肉が異化している状態のこと。筋肉が落ちていっている状態。

せっかくトレーニングしたのに、栄養補給を疎かにすることで筋肉が減ってしまうということです。

持ち運びが面倒

トレーニングが終わり、ロッカールームに戻って、シェーカーを取り出す。粉末のプロテインと水を入れてシェイクして飲む…。このルーチンを嫌って、家に帰ってからプロテインを摂取していないだろうか?でもプロテインを摂取するまでの時間を引き延ばしてはいけない。[引用:DNS ZONE

プロテインを携帯する場合は、粉末状で持ち運ぶ必要があります。一度水に溶かしたプロテインは保存性は有りません。

プロテインシェーカーに粉末だけ入れてジムに持って行く。トレーニング後に水を入れてプロテインを作って飲む。これは結構面倒です。

給水器などが設置されていない場合は、水や牛乳を別途購入して使う場合も有ります。これではコストパフォーマンスも良いとは得ません。

職場・学校でのプロテイン

栄養管理は24時間続くもの。当然、仕事中の昼休みなんかにプロテインを摂取したいこともあります。

給湯室とかで、変な白い粉を水に混ぜてバーテンダーばりにシャカシャカする。プロテインを知らない人に変な目で見られます。

プロエックスなら見た目も普通のペットボトルジュースなので、不審者と思われることもありません。

洗うのも面倒

シェーカーも手間も不要なプロエックスさえあれば、ゴールデンタイムを逃さない。キャップを開けて、飲み干すだけだ。[引用:DNS ZONE

僕はプロテインシェーカーを洗うのが一番面倒です。いつもキッチンのシンクにシェーカーが3つ程放置してあります。冬はとくに洗い物したくないです。

Protein drink Pro-Xのスペック

もちろん利便性だけでなく内容も充実しています。

栄養素

  • 1本350ml
  • ¥367(税込み)
  • タンパク質 :28.8g
  • 脂質:0.5g
  • 炭水化物:12g
  • ナトリウム:69g

ホエイたんぱく質です。

味は2種類

  • アップル
  • マンゴー

どちらも美味。プロテイン特有の粉っぽさが全くありません。

100%ジュースのように、気持ちトロミがあるような気がします。少し濃いと感じるかもしれません。

常温でも冷やしても美味しくいただけます。

見た目がカッコいいかもしれない

↓ジムでトレ後にプロエックスを飲む参考画像。

pro-x2

 

ジムには僕しかいませんでしたが。。。

まとめ

美味しいので是非一度お試しあれ!

【関連】筋肉サポートサプリメント

スポンサーリンク

ご購読ありがとうございます。