痩せる理由分かってる?黒烏龍茶のダイエット効果と効能を理解して使おう。

3382b61a2345acbb2ed26d5716cbfc99_s

ウーロン茶飲んでますか?

ダイエットに効果があるですとか、脂肪の吸収を押さえるとか言われるウーロン茶。

実際のところ何がどう効くのか知らない方が多いと思います。

どうせ飲むなら理屈を知って飲んだ方が効果的ですよ、ということで書きます。

スポンサーリンク

ダイエット効果があると言われる理由

ウーロン茶に含まれる成分

ウーロン茶には『ウーロン茶ポリフェノール』というポリフェノールが含まれています。サントリー黒烏龍茶には、『ウーロン茶重合ポリフェノール』というポリフェノールが含まれます。

ウーロン茶重合ポリフェノールはウーロン茶ポリフェノールの中でも、特に脂肪抑制効果の高いもののようです。このポリフェノールが脂肪の吸収を抑えると言われています。

ウーロン茶も、黒烏龍茶もダイエット効果があると言われる理由は一緒です。ウーロン茶の中でも、特に脂肪抑制効果の高いものを集めたのが黒烏龍茶という訳です。

ということで、ポリフェノールにはダイエット効果があるのか?どの程度の効果があるのか?

これが今回の問題になります。

ちなみに、カテキン緑茶という製品もありますが、カテキンはポリフェノールの一種です。知ってました?

ポリフェノールがダイエット効果がある理由

ポリフェノールの効果・効能

ポリフェノールはリパーゼ阻害により脂肪抑制効果があると言われています。

リパーゼとは、人の体内で脂肪を分解するために必要な物。

このリパーゼを阻害することで脂肪が分解されない。そのため吸収が抑えられるということのようです。

動物実験などで結果が出てるようです。

興味がある人は、サントリーのホームページで見られます。

ポリフェノールが含まれるのはウーロン茶だけではない

ポリフェノールが含まれる有名なもの

  • 赤ワイン
  • コーヒー
  • ココア

むしろウーロン茶より含有量が多いものもあります。

厳密に言うと、ポリフェノールと言っても様々な種類があります。ウーロン茶の含まれるものと、赤ワインやコーヒーのポリフェノールとは違います。

では他のウーロン茶でなく、他の飲み物でもダイエット効果があるのではないか。なぜウーロン茶だけがダイエット効果があると取り上げられているのか?

答えは、特にありません。ポリフェノールであればなんでも一緒です。

様々なポリフェノールを含む飲料の中で、ウーロン茶はほぼゼロカロリーというところがポイントだと思います。

ポリフェノールを摂取出来る飲み物のなかでも、カロリーが無く手頃に取入れやすい。それだけの理由でしょうね。

例えば、赤ワインを飲んでポリフェノールを摂取したとしても、アルコールのカロリーを摂取しては意味が有りませんからね。プラスマイナスでプラスです。

ポリフェノールは抗酸化作用もある

ポリフェノールの効果は様々有りますが、そのなかでも注目すべきは抗酸化作用です。簡単に言うと、体がサビ付くのを防いでくれる効果です。

個人的には、ダイエットよりも抗酸化作用の方が重要だと思います。

鉄が酸化するとサビます。

人間(細胞)が酸化すると老化といいます。

ポリフェノールはアンチエイジングにも有効ですね!

まとめ

効果があるか無いかと言われればあります。効果が無ければトクホの許可おりません。ただ、重要なのはどのくらい効果があるかです。ほとんど微々たる効果でしょう。

ジュースをウーロン茶に切り替えて減らせるカロリー減少分のほうが100倍効果があります。あくまで、普段の食生活の管理をしっかりしたうえで、ウーロン茶を取入れるのが正解。飲めばそれだけで痩せるという程のものでは有りません。

といっても、僕も脂っこい食事の時など、気休めとして飲んでしまいますが。

食べてないのに太る原因・糖質制限しても痩せない理由

2015.11.15

1〜2ヶ月でどれだけ痩せられるか?ダイエット・減量に必要な期間の目安。

2015.11.05

スポンサーリンク

ご購読ありがとうございます。