筋肉サプリメントおすすめランキング・HMBとクレアチンで筋トレを効果的に!

34694955 - male chest and mid-section physique

「筋肉がついて引き締まった体になりたい。」

「筋トレをしてもなかなか筋肉がつかない。」

そんな悩みを持つユーザーに向けて、近年「筋トレサプリ」「筋肉サプリ」 と呼ばれる商品が産まれています。

長らくは「筋トレ=プロテイン」という認識 が多く広まっていました。

しかし、実際のところはプロテインだけでは、効率よく筋肉をつけ、体を引き締めるには不十分です。

ボディビルダーだけでなく、格闘家や多くのアスリートもプロテイン以外のサプリを上手く活用 しているのが現実です。

ただ、非常に多くのサプリを購入するのは経済的に厳しいです。

また、どれをどのくらいの組み合わせで飲めばいいのか一般人には難しすぎますね。

▼僕が使っているサプリの一部です。

2016-10-09-23-48-38

▼飲むときはこんな感じ

2016-10-28-14-20-22

↑これはあくまでも錠剤とカプセルのみです。

これとは別に粉状のサプリも数種類あります。

これらを一気にプロテインで流し込む という日々。

お金で言えば、月に1〜2万円は普通にかかっているのではないでしょうか。

これに加えてジム代が約1万円ですね。

いくら体を引き締めたい思いがあっても、これではハードルが高すぎます。

そこで最近出てきた「筋肉サプリ」 が登場です。

これだと筋トレやダイエットに有効な成分が、1つのサプリにまとまって入っている ので、1種類を飲むだけでいい んです。

各メーカーから出ているサプリを評価していきますので参考にどうぞ。

>>ランキングをみたい人はこちら

プロテインだけでは足りない!?

筋トレといえばプロテイン。

筋肉といえばプロテイン。

そういうイメージの人がほとんどだと思います。

しかし、プロのアスリートや、本格的にボディメイクをしている人達はプロテインしか取っていないという人の方が少ないです。

プロテインの他に、クレアチン・HMB・BCAA・グルタミン・・・様々なサプリメントを上手に活用しているからこそ、カッコいい体が作れているのです。

HMBとは

筋肉の異化(分解)を抑制し、合成を促進させる効果。

近年では筋肉増強サプリなどと呼ばれている。

特にトレーニング初心者には効果が大きくでるという実験データあり。

【HMBの効果解説記事】

クレアチンとは

筋肉のエネルギー源を作り出す手助けをすることで、エネルギーの持続時間を延長できる効果がある。

これにより、パワーアップ・瞬発力アップ・持久力アップ・除脂肪体重アップ・回復速度アップなどの効果が期待できる。

【クレアチンの効果解説記事】

BCAAとは

バリン・ロイシン・イソロイシンの3つのアミノ酸の総称。

肉を食べると分解されて最終的にアミノ酸になるが、それを最初からアミノ酸の状態で摂取。

そのため吸収速度が早く、カロリーも少ない。

筋肉の分解抑制・合成促進の効果の他、やる気や集中力にも効果あり。

【BCAAの効果解説記事】

ただし、これらのサプリメントを一般レベルの人がうまく使いこなすのは大変です。

それをオールインワンサプリとして誰でも手軽に摂取できるように作られたのが筋トレサポートサプリメントです。

筋肉系サプリメント概要

現時点では7種類の筋肉サプリがあります。

まずは概要。後半で詳しく書きます。

①ビルドマッスルHMB

ビルドマッスルHMBは、筋肉増強アミノ酸であるHMB と、筋肉の異化防止・合成促進に効果のあるBCAA を主成分とした商品。

その他、体調管理や対脂肪燃焼を目的とした成分 も配合し、かっこいい体になるために必要な成分をまとめてとれます。

>>【公式】ビルドマッスルHMBはこちら

②ディープチェンジクレアチン(DCC)

DCCは筋力アップにかかせなくオリンピック選手の8割が利用しているとされるクレアチンを主成分にしたサプリ。

話題のHMBと、BCAAも配合することで、運動時・運動後に必要な栄養素をまとめて摂取。

>>【公式】DCC(ディープチェンジクレアチン)はこちら

③パーフェクトビルドEAA

EAAは筋肉の同化(合成)に効果が期待できる成分。

これにHMB・EMR(酵素分解ルチン)を加え、相乗効果を狙ったサプリ。

>>【公式】パーフェクトビルドEAAはこちら

④パーフェクトボディHMB

HMB1500mg配合の筋トレサポートサプリ。

BCAA、グルタミン、トンカットアリ・フェヌグリーク・シュニリンPL・バイオペリンなど筋肉を高効率で増強するのを助ける成分も配合。

⑤HMBアルティメイトスーパーボディメイク

こちらもHMB1500mg配合の筋トレサポートサプリ。

BCAAやグルタミン、トンカットアリ・フェヌグリーク・シュニリンPL・バイオペリンなど配合。

 >>HMBアルティメイト公式はこちら

⑥クレアチンアルティメイトスーパーボディメイク

クレアチンを1包あたり5,000mg配合。

BCAA、アルギニン、グルタミンといったアミノ酸、ブラックジンジャー抽出物・フェヌグリーク・バイオペリンなど配合。

 >>クレアチン アルティメイト公式はこちら

⑦マッスルエレメンツHMB

>>マッスルエレメンツ公式はこちら

筋肉・筋トレサプリ比較

3つのサプリに共通している成分と、それぞれにしか含まれていない成分があるので比較表を作成。

HMBを主成分にしている商品と、クレアチンを主成分としている商品 とありますのでそれぞれで比較。

※製品価格は3か月使用した場合の1日あたりにかかるコストを計算

HMBが主成分のサプリ比較

  ビルドマッスルHMB パーフェクトボディHMB HMBアルティメイト マッスルエレメンツHMB
  %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-19-9-41-38 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-19-9-42-22 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-19-9-42-15 2016-11-10_18_10_58
クレアチン      
HMB  ◎
BCAA  ◯  
EAA        
脂肪燃焼  ◯
 疲労回復/
体力増進
 ◯
滋養強壮   ◯
価格/1日 約137円  約159円 約137円 約151円

ビルドマッスル、パーフェクトビルド、HMBアルティメイトの配合成分がほぼ同じ です。

どの商品もHMB1500mg にプラス補足成分という構成です。

HMBメインで選ぶなら単純に値段の比較になるので、ビルドマッスルHMBかHMBアルティメイトのどちらかを選ぶといいでしょう。

クレアチンが主成分のサプリ比較

  ディープチェンジクレアチンDCC パーフェクトビルドEAA クレアチンアルティメイト
  %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-19-9-42-33 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-19-9-41-48   %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-19-9-42-04
クレアチン ◎◎
HMB ◯  ◯   
BCAA ◯   
EAA    
脂肪燃焼  
 疲労回復/
体力増進
◯  ◯ 
滋養強壮    ◯ 
価格/1日 約180円  約150円  約137円

唯一クレアチンアルティメイトだけがクレアチン配合量が5000mgと多いです。

クレアチンをメインで選ぶならクレアチンアルティメイト一択です。

ただ、HMBとクレアチンは相乗効果が期待できるサプリなので、両方含まれているディープチェンジクレアチンDCCもアリです。

筋肉・筋トレサプリランキング

各成分や値段を考慮した上でどれを選べば良いのかを書きますので参考にどうぞ。

【1位】手軽に始めるならビルドマッスルHMB

HMBを主成分にしたサプリの中で一番安いです(1日約137円)。

また、この系統のサプリの中でも販売開始が早いので利用者・知名度も高く安心。

手軽な値段でHMBの効果を体感してみたい人はこれから初めて見るといいでしょう。

コストパフォーマンスとして一般的に一番使いやすいことから1位。

>>【公式】ビルドマッスルHMBはこちら

▼HMBの詳細・他のHMBサプリについてはこちら

>>HMBサプリメントの効果について

【2位】HMBとクレアチンの相乗効果を狙うならディープチェンジクレアチンDCC

HMBとクレアチンが両方含まれている。

HMBとクレアチンは一緒にとることで相乗効果が期待できる 成分です。

多くのアスリートもHMBとクレアチンの両方を使っています。

他の製品よりやや値段が高い(1日約180円)ですが、HMBとクレアチンを両方含んでいることを考えると妥当です

少し値段が高くてもより良い効果を求めるのであればコレ。

>>【公式】DCC(ディープチェンジクレアチン)はこちら

▼DCCの詳細解説記事はこちら

>>ディープチェンジクレアチンDCC詳細

【3位】最大限の効果を期待するならクレアチンアルティメイト&HMBアルティメイト

hmb%e3%82%af%e3%83%ac%e3%82%a2%e3%83%81%e3%83%b3%e3%82%a2%e3%83%ab%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%88

本格的にトレーニングをしている人の間では、クレアチンの推奨摂取量は5000mg です。

クレアチン5000mgという量を取れるのはクレアチンアルティメイトだけ。

また、こちらの製品は錠剤ではなく、水に溶かすドリンクタイプです。

プロテインと一緒に溶かして飲むなどしてもいいでしょう。

そして同じメーカーからHMB主力の商品としてHMBアルティメイトがあります。

HMBアリティメイトとクレアチンアルティメイトを両方使うのが、必要十分な成分量が確保できるので、その分効果も一番でしょう。

ある程度お金出してでも一番効果が期待できる・最短で体を変えたいという人 にはこの組合わせを勧めます。

しかし、2つ使う分料金がかかるので3位としました。

>>【公式】クレアチン アルティメイトこちら

>>【公式】HMBアルティメイトはこちら

▼詳細の解説記事はこちら

>>クレアチン・HMBアルティメイトの詳細・レビュー記事

総評

ボディビルダーなんかは、よくバケツにプロテインやらいろんなサプリを自分に合った配合でブレンドして、自分専用のサプリを作ってたりします。

それが最初からオールインワンサプリとして発売されるとはいい時代になったものですね。

日本もやっとカッコいい体が評価されるようになってきた ということでしょうか。

もちろんトレーニングも大事ですが、それよりもはるかに栄養の方が大事 なことはもはや常識です。

せっかく体を変えようとしてるのですから、努力を無駄にしないようしっかり栄養もとって効率的に いきましょう。