乾燥の季節におすすめ!!おしゃれで人気の「mood ハイブリット式アロマ加湿器」

mood ハイブリット式アロマ式加湿器
mood ハイブリット式アロマ式加湿器

僕の部屋は、なぜか寝起きに喉が痛くなります。それで、ずっと加湿器が欲しかったんです。これからのエアコンの季節は、加湿器がないと健康管理もヤバいなと思ったのでついに購入しました。

僕が求めていたのは、健康管理のための加湿性能。ついでにオシャレで、出来ればアロマなんかも使える。それでいて、そんなに高額でないもの。欲張りですね。

失敗したくないので、各レビューとか公式ページの情報を読み漁り、一番失敗の可能性が低い製品を購入。 結果、かなり満足できる商品でしたので乾燥対策を考えている方は参考にどうぞ!

スポンサーリンク

選ばれたのは「mood」でした。

なぜmoodにしたのか。なぜmoodがおすすめなのか。

アロマディフューザーとアロマ加湿器

まず悩んだポイントです。アロマディフューザーとアロマ加湿器の違いを調べました。比較ポイントをまとめます。

【アロマディフューザー】

  • 目的:アロマをミスト状に拡散。香りを楽しむもの。
  • 加湿機能:基本は無し。あっても100ml/h以下程度。
  • 加湿時間:小型でタンクの容量も小さく、2時間程度のものが多い。
  • アロマ:超音波での拡散のため、精油本来の香り を楽しめる。
  • デザイン:コンパクトでオシャレ。

【アロマ加湿器】

  • 目的:空気を加湿。
  • 加湿機能:100〜300ml/h で加湿。
  • 加湿時間:商品によるが、8時間以上 のもの有り。
  • アロマ:おまけ程度。熱で加熱するぶん本来の香りは薄れる。
  • デザイン:大きめ。いかにも加湿器なものが多い。

結論は、アロマディフューザーは加湿には使えないということ。特に就寝中に加湿したかったので、加湿時間2時間の時点でアウトです。ディフューザーを置いて、とても良い香りの部屋で風邪で寝込みたくないですから(笑)

この時点で、アロマ加湿器に決定しました。加湿性能が優先です。

デザインか性能か

次はデザイン。加湿器でオシャレなデザインがあるかどうかです。

純粋に家電の性能で選べば『Panasonic』とか『TOSHIBA』ですとか、国内有名家電ブランドの製品になります。 しかし、これらはあんまりオシャレじゃない。

確かに日本メーカーの技術力は素晴らしいでしょう。でも僕のは見た目も大事だと思ってます。人間は感情の動物ですので、精神的な部分も体調に大きな影響がある はずです。病は気からと言いますし。

ステキなデザインの家電を置くことで、気分がハッピーになったり癒されたりするのであれば、それも立派な体調管理です。 国内メーカーもせっかく素晴らしい技術を持っているのですから、デザインも頑張ってほしいです。

と言うことで、何とか加湿器の性能とオシャレなデザインを兼ね備えた製品を発見。

それが、moodです。

タワー型か、小さいのか。スペック比較。

ハイブリット加湿器

photo via http://www.d-designing.com

moodの製品は全4種です。ですが、他2種類は小型で加湿性能が低いので省きました。

【ハイブリット式加湿器】

  • 加湿性能:100〜300ml/h
  • 連続加湿時間:約8時間(強運転時)
  • 切りタイマー:2時間/4時間
  • タンク容量:2.6L
  • 寸法:約W176×D166×H348mm

【タワー型ハイブリット式加湿器】

  • 加湿性能:100〜300ml/h
  • 連続加湿時間:約8時間(強運転時)
  • 切りタイマー:微弱運転時5時間自動OFF
  • タンク容量:2.6L
  • 寸法:約W230×D230×H861mm
  • リモコン付き

【公式】http://www.d-designing.com

ほとんど性能は同じです。 大きく違うのは、サイズのみ。タワー型の方が大きい分少し値段が高い。

タワー型のメリットは、高い位置から水蒸気が拡散されることで効率よく加湿されること。逆に、小さいものはデスクや棚の上に置けるので、置き場所によっては便利です。

僕は7畳程度の1R一人暮らしでの利用なので、小さいほうを選びました。広いリビング等での利用であればタワー型のものが見栄えもいいでしょうね。

他製品と比較した

10000円強という値段を見て高いと思ったあなた。ちょっとお待ち下さい。 この価格帯を選んだのにも、ちゃんと理由があります。

アロマ加湿器を探していると必ず出てくるであろう、人気商品があります。コレです↓

Amazonや楽天でずっと上位にいる商品なので見たことある人が多いと思います。家電量販店にも必ず置いてあります。僕も最初はこれを買ってしまうところでした。しかし、購入しなかった理由があります。

レビューの転載・引用は出来ないようなので、気になる部分を書き出します。

  • 利用して数日で水が臭い
  • 生乾きの臭いがする
  • アロマでもごまかせない
  • 洗っても臭いがとれない、など

アロマ加湿器として致命的でしょうが。

子供がまだ食べてるでしょうが!!

臭い系のレビューが1つや2つではないので、それなりに信憑性あると思います。確実なのはご自身の目でレビューを見てみてください。

安いのには安いなりの理由があるということですね。買う前に気づいて安物買いの銭失いにならなくて良かったです。

購入後レビュー

購入して1週間ほど利用した感想です。

加湿性能

アロマ加湿器2

「強」でこんな感じです。公式サイトには、『木造住宅(和室) 8.0㎡』『プレハブ住宅(洋室) 14.0㎡』とあります。数値に偽りはないです。

ハイブリット式は、内部で一旦加熱されてから超音波式でミストになって吹き出します。加熱による殺菌・消毒と、超音波式の安全性のいいとこ取り。 吹き出すミストは冷たいので、小さいお子様やペットや酔っぱらいがいる家庭にも安心です。

サイズ感

円柱型ですので思ったよりも場所を取りませんし、圧迫感もありません。

水蒸気の影響を考慮(湿気がダメな機器の近くなど)さえすればどこにでも置けます。

デザイン

色は3種類。

  • ホワイト
  • ダークレッド
  • ブラック

ライト付き。黄色に近い黄緑色です。

アロマ加湿器3

もちろん不要であれば消灯できます。

また、サイドのメモリから水位の残量が確認できます。

アロマ

アロマ加湿器4

フェルトのような部分にアロマの精油をしみ込ませて使います。(*アロマは別売り/交換用のフェルト付き)

臭いは軽めです。水蒸気を直接かいだり、外から部屋に戻ったときに分かるくらい。部屋の中にいて鼻が慣れると分からない程度。ただ僕は柑橘系しか使ってないので、ラベンダーなど香りが強めのものだともっと香ると思います。

使い勝手

アロマ加湿器5
  • フタを開けると取って付きのタンクが出てきます。水入れ簡単。
  • タンクが空になると、ピーピー鳴って自動停止する機能付き。
  • 掃除は、買ったばかりなのでまだ未確認です。。。

超音波式の冷たいミストはある程度上がってから下に降りてくるものです。製品によっては床が濡れたりするようです。

その点、この商品については気になりませんでした。濡れたとしても「床が微妙に湿っている気がする?」くらいです。もし濡れるとしても部屋の湿度が高いということですので、止めるか「弱」にすれば問題ありません。

[myphp file=’ad-matomeue’]

まとめ

最後に購入時の注意点です。型番を確認すること。

アロマ加湿器型番

特に年式「14」に注意です。この記事の執筆時の最新は14。13や12は型落ちの製品です。見た目だと違いが分からないと思いますので、注意してください。下に最新のリンクを張っておきます。

それでは、オシャレで快適な冬を迎えましょう!!

 

【一人暮らしや、コンパクトな部屋にオススメ!】

 

【広いリビングにはタワー型が似合う!】

【関連】ママチャリをエアロバイクに出来る自転車スタンドがあるらしいぞ!!

【関連】通常のブラジャーで運動すると胸が垂れる原因になる!?スポブラの進め。

【関連】休息もトレーニングのうち!!『おふろ×からだづくり』の入浴剤【きき湯 FINE HEAT】

スポンサーリンク

ご購読ありがとうございます。