「100%確実に売り上げがアップする最強の仕組み/加藤公一」を読んだ感想

businessman-562572_640
businessman-562572_640

「More Access! More Fun!」の永江一石さん(有名マーケッター)が紹介されていた書籍を早速購入して読みました。

広告業界にいない僕にとっては、なるほどなーと思うことが色々ありましたのでシェア。

スポンサーリンク

読書感想文

永江さんが以下のエントリーで紹介されています。

ECやったりサイト制作する人が絶対に読まなくてはならない一冊

内容はA/Bテストのまとめ

最近、情報収集がWEB媒体に偏っていましたので、たまには本も読まないとなーと思っていました。永江さんのブログは日々拝見させて頂いておりまして、タイミングよく書籍の紹介があったので最近始めたkindleで購入してその日の内に読み切りました。

永江さんがエントリーで書いてあるとおり、A/Bテストの結果がいろいろと示されています。日本一A/Bテストを行っていると著者自身が書いてあります。膨大な数のテストから導きだされた結果ですので、もはやこれがWEB広告・ビジネスのセオリーと言ってもいいような内容 だと思います。

広告主向けの本

全体を通して広告を出す側の話です。

  • どんなバナーが良いのか
  • どんな色が良いのか
  • どんなコピーが良いのか
  • どうすれば広告のコストが下がるのか
  • 見込み客からの引き上げ方
  • アップセル(上位商品)を提案するタイミングはいつがベストか
  • リピーターになってもらうには

自分が何かを販売したり、広告主になる場合には必ず知っておくべきだなと感じました。

ブロガー・アフィリエイターとして見ると

広告主向けの本を、広告代理店(アフィリエイター)目線で見た感想。

広告主の善し悪しが分かる

各ASPでいろんな広告を見ているのですが、この本に書いてあることに準じている広告主とそうでない広告主とがはっきりわかります。

本の中には、バナーやLPの良い例・悪い例などがとても具体的に書いてあります。そこで、気づいたんですが、すでにこの本のとおりにバナー・LPを作成している広告主がいます。 配置・色・ボタンの動きなど著書の中の例と全く一緒です。 それも複数の広告主で。

おそらくここの担当者は既にこの書籍を読んでいるか、加藤公一さんが関わっているのかなと思ったりしました。逆に全くセオリーとかけ離れている広告主もいます。偉そうですが「この広告主は分かってるな」とかそういう見方が出来るようになるのが面白い。

ブログに掲載するバナー・テキストを適切に選べる

基本的には広告主が用意したバナー(広告)を選んで掲載すると思います。本書の内容を知っていれば正しい選択ができますよね。

  • 複数選べるのであれば、セオリーに準じたバナー・キャッチコピーを選ぶ。
  • 同じような商品であれば、セオリー通りの広告を用意している広告主を選ぶ。

これが出来るのがブロガー・アフィリエイターから見るメリットだと思います。将来広告主になったり自分の商品を売るときにも役に立ちますね。

アーリーアダプターについて行く

※アーリーアダプターとう言葉を知らない人はコチラ

ブロガーたるもの一応情報ビジネスで勝負しています。

僕は、永江さんのブログで始めてこの書籍の存在を知りましたし、内容も知らないことばかりでした。でも、永江さんの周りの人達はとっくにみんな読み終わっているんですよね。

関わっている業界が違うのもありますが、それはイノベーター・アーリーアダプターが情報を出した瞬間にすぐに取り込めばいい。自ら開拓するのは難しくとも、アーリーマジョリティーの上位くらいにはなれます。
それだけでもブログというビジネスにおいて優位に立てるのかなと思ったりしてます。

まとめ

早速、掲載済みの広告を見直していくつか変更を加えました。

やっぱり本でも情報収集すべきですね。面倒くさがらず読書しようと思います。

スポンサーリンク

ご購読ありがとうございます。