Day 167:365 - Pure Evil

ダイエット 食事と栄養

リバウンドしないダイエット方法はあるのか【リバウンドの仕組みと原因】

更新日:

Day 167:365 - Pure Evil

ダイエットにおける成功とは何でしょう。

  • ○○kgになる
  • ○○kg減る
  • 体脂肪が○○%になる

これはただの通過点。体型を維持出来て始めて成功だと思ってます。痩せたけどリバウンドしたというのは、ダイエットに失敗したということです。禁煙と同じですよね。

「絶対リバウンドしないダイエット方法」そんなのありません。しかし、正しい知識と行動ができればどんなやり方でも痩せられますし、絶対にリバウンドしません。逆に、知識があれば狙ってリバウンドすることも可能です。

つまり、ダイエットの成功とは「自分の意志で体型をコントロール出来る人間になること」とも言えます。

では、今回はリバウンドの仕組みについて。

photo credit Nicole Hanusek

リバウンドの仕組み

体重55kgの女性を例にあげます。

  • ダイエット前
  • ダイエット中
  • ダイエット後

それぞれで体の変化がどうなっているか、順を追って確認します。

ダイエット前

今現在、あなたはダイエットすることを考えていますが、まだ開始はしていません。おそらく体重は大きな増減は無い。この1年間毎月2kgずつ増え続けているということは無いはずです。

体重の増減の基本原則はカロリー収支です。つまり、消費するカロリーより摂取するカロリーが大きいため、その差であるオーバーした分が脂肪として蓄積され体重増加になっています。

そのうち、あるところで釣り合い体重の増加は止まります。それは、体重が増えた分、消費カロリーが増加するため、摂取カロリーとの差が無くなるからです。

もし、体重を増やし続けようとするなら、食べる量を増やし続ける必要があります。ただ、現実的には一時的に食べ過ぎがあったとしても、毎月食べる量を増加させ続けるのは不可能です。あなたが食べられる量の限界のポイントで体重の増加は必ず止まります。

ダイエット前のポイント
  • 体重55kg
  • 摂取カロリー2000kcal
  • 消費カロリー2000kcal
  • 体重は増減無し

ダイエット中

体重が減る基本的な仕組みは、カロリー収支がマイナスになること。摂取したカロリーより消費したカロリーが大きければ、脂肪がエネルギーとして消費されるためです。収入より支出が大きければ貯金が減るのに似ています。

結果的にカロリー収支がマイナスになるのであれば方法は何でもありです。 食事量を減らして摂取カロリーを少なくしてもいいですし、運動して消費カロリーを増やしても良い。

両方を組み合わせるとカロリー収支の差が大きくなるため、より体重が減ります。食事と運動を組み合せた方が効果的に痩せられると言われるゆえんですね。

ダイエット中のポイント
  • 体重55kg⇒45kgへ減少中
  • (摂取カロリー)<(消費カロリー)
  • カロリー収支がマイナスの分、体重が減少していく

ダイエット後

さて、目標の体重に到達できたとします。まずは目標達成おめでとうございます。ここでパーッとやりたいところですが、先に現在の体がどうなっているかを確認することをおすすめします。

ダイエット後のポイント
  • 体重55kg→45kgに減少
  • 消費カロリー2000kcal→1700kcalに減少

体重と共に消費カロリー(必要なカロリー)も減少する。これがリバウンドの最重要ポイントです。

スポンサーリンク

リバウンドするケース

ダイエットが終了したあとの生活の変化を見てみます。

ダイエット中は定期的な運動や食事管理により、消費カロリーをマイナスに出来ていました。でも、あとは維持するだけなので元の生活に戻ると判断すると間違いです。

元の体重に戻ってしまう

体重55kgの人と、45kgの人とでは日常で消費されるカロリーが異なります。これまでは何もしなくても、1日2000kcal消費できていたのが1700calくらいしか消費出来なくなっています。

リバウンドのポイント
  • 体重55kg→45kgに減少
  • 摂取カロリーは元の2000kcalに戻す
  • 消費カロリー2000kcal→1700kcalに減少
  • 摂取カロリーの方が大きいので体重は増加

理論的には、カロリー収支が釣り合うまで、つまりダイエット開始時の55kgまで戻ります。55kgに戻るとまたカロリー収支が釣り合って体重が安定します。

ダイエット前よりも増えてしまう場合

まれにダイエット前よりも更に体重が増えてしまうような残念な人もいます。でも、これもちゃんと理由があります。考えられる原因は、ダイエットにより筋肉量を減らしてしまっていること。これによって、基礎代謝がダイエット開始時に比べて少なくなっています。体重が元に戻っても消費カロリーは元に戻っていないと言うことです。

元の体重に戻った時

  • 体重45kg→55kgに戻る
  • 体重は戻っても、ダイエット前より筋量が少ない
  • よって消費カロリーは1900kcalしかない

 同じ体重55kgでも筋量が少なく、体脂肪率が高い55kgになっているということです。こうなると、58kgとか60kgですとか、元の体重よりオーバーしたところでようやく普段の食事の2000kcalと釣り合うということになります。

ダイエットの停滞期も原因は同じ

ダイエットが途中で体重が減りづらくなる経験ありますか。これも、体重減少に伴って消費カロリーが減ることが原因です。ダイエット開始はうまくカロリー収支をマイナスに出来ていたとしても、同じ運動と食事ではどこかでカロリー収支が釣り合ってしまうようになります。

これの回避には定期的にカロリー収支のバランスを調整する必要が有ります。体重の減少にともなって、1ヶ月に1回とか2週間に1回ほど、変化した体重から必要カロリーを計算し直すといいです。

分かり易いのでまたお金に例えますが、収入や支出が変化すれば貯金の計画も調整が必要です。これと同じです。

まとめ

こんな理由で、ダイエットでも筋トレした方がいいですよと毎回言ってます。筋肉を増やすためではなく、維持するため、減らさないための筋トレです。筋肉があなたのダイエットを成功させるカギです。

リバウンドもロジックがわかれば対処できますので、安心してダイエットしてください!

▼無料カウンセリングのすすめ

ライザップが行っている無料カウンセリングがなかなか良さそうなので紹介です。

スポーツ経験・生活習慣や食事内容をヒアリングした上で、2ヶ月でどのくらい減量できるのか という話をしてもらえます。入会は全然考えなくていいので、話だけ聞きに行ったら良いです。

プロのカウンセリングを無料で受けられる機会は普通はありませんので、せっかく体を変えることに興味があるのでしたら、使えるものは使ってみても良いのではないでしょうか。

たぶんライザップのトレーナーも体幹がどうこうとか細かいことはあまり言わずに、大きい筋肉をつけろという話をすると思うんですけどね。気軽に話だけ聞いてきてください。

▼こちらから予約できます。

無料カウンセリング受付中/ライザップ
⬆︎⬆︎これをクリックです⬆︎⬆︎

※追記

把握できる限りでもかなりの人数がカウンセリングまで行動に移してます。せっかくタダでカウンセリング受けられるのに使わなきゃ損です。

この話を聞くだけで、知識が身についてダイエットが一気に成功に近づくかもしれません。

訪問日は後で調整してからの確定になります。予定がわからなくても仮の希望日だけ出しておけます。

>>RIZAP

⬆︎3分で簡単に終わります。

-ダイエット, 食事と栄養

Copyright© とらっぷる , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.