楽勝!初登山で富士山制覇してきた感想と後悔したことなど。

626722a5f11b8ac59db705a2b7054f09_s_jpg
626722a5f11b8ac59db705a2b7054f09_s_jpg

「趣味は登山」と言いたいだけの理由で登山をすることをノリで決意。

ではどこの山に行こうかと考えた結果、取りあえず富士山に決定。

日本一って言うくらいだからいい運動になるんだろうなと思い準備を開始。

登山未経験者が素人なりに準備をして、出発して、さて結果どうなったかというお話です。

一度は富士山登ってみたいなというレベルの方へ参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

 

富士登山に向かうために準備したこと

行き方

初めてなのでツアーで行くことにしました。

関東からバスで出発。ガイド同行付き。帰りに飯と温泉付きというもの。

典型的な初心者向けのプランです。

 

装備・ウェアなど

ここ大事ですよね。山は舐めちゃダメってことで、しっかり最悪の場合を想定して準備するべきです。

 

【ザック】

登山用にザックを1つ用意した。

がっつり登山用のではなく、普段使いにも使えそうなもの。

俺が買ったのは「North Face hot shot」。容量26L。

テント持って行くわけじゃなければこの容量でも十分かつ最低限かと。

1万円ちょっと。

 

【登山靴】

スニーカーはぶっ壊れる可能性があるし、柔らかすぎて歩きづらいので登山靴必要。

あんまり金かけたくなかったので、ゴアテックスなどの高級なのではなく普通のにした。

1万円弱くらい。

ちなみに友人は安全靴で登った。

ツアーメンバーにはナイキのハイカットスニーカーで登ってる人もいた。

 

【アウターウェア】

これもお金がかかるところ。

元々持ってたNorth Faceのレインウェアを持って行った。

1万5千円くらいのそこそこなレインウェア。

結果これで十分だった。

 

North Faceのインナー用の薄いダウン。

最近ユニクロでも軽いダウンが出てるけど、そもそもは山でアウターの下に着るためのものなのです。

寒さ対策は必須です。

夏といっても、頂上は地上気温に比べて20度程低いです。興味がある人は「乾燥気温減率」でググってね。

高度が高くなるにしたがって風邪は強くなりますので、体感温度は結構低いです。

 

 

【インナーウェア】

適当に下着類の替え。

Tシャツ短パンなど運動できる服装。適当。根拠のある適当ね。

 

で、スキンズ。

(スキンズ)SKINS A200 メンズ ロングスリーブトップ J60052005D BKYL ブラック/イエロー M

上下で約2万円(笑)

インナーに1番お金をかけるという結果に。

高校時代からピッタリフィット系は使ってたので、肌に触れる部分はしっかりしてないとイヤなんです。

アウターが外部の環境から身を守るものだとしたら、インナーは自信のパフォーマンス能力を守るものであるという自論からであります。

人間も服装も中身が大事です。

 

【関連】スポーツジム・フィットネスジムでの服装・ウェア選びの基本。

 

【アイウェア】

レイバンを持って行きました。

登山中は日差しを遮るものが無いため、とてつもなく眩しいです。

眩しさも疲労につながるため、サングラスはあった方がいいです。

レイバンとかオークリーとかちゃんとしたメーカーのものがいいでしょう。

 

迷ったけど買わなかったもの

【脚絆】

靴の履き口の上にかぶせて、砂利とか水の侵入を防ぐもの。

確かに、富士山は砂利だらけなので歩いてていちいち靴に入ってきたらウザい。

けど結果的には、ハイカットの靴であればさほど気にする程ではないと思った。

 

【杖・スティック】

登山してる人ってみんな杖ついてるよね?なんで?

荷物増やしたら重くなるだけだしいらなくね。

これが後ほど痛い目をみる結果になるとは。。。

 

携行食を調達

前日までに食料を調達。

しかし、何をどれくらい持って行けば良いか全く不明。

しかも常温で日持ちするものでないと行けない。

てかこの時間空いてるのドンキホーテくらいだし、、、

結局、栄養補助スナックの○○バーなどカロリーメイト的なものや、山と行ったらチョコレートとかを用意。

で、500mlのスポーツドリンク3本くらい。

 

さて買い物終わって時計見たら夜中の2時(笑)

たったの2時間睡眠でツアー出発!!

※よい子はしっかり体調を整えて出発しましょう。

 

準備は余裕をもって行うことを強く推奨いたします。

 

富士登山ツアーの流れ・体験談

出発する

朝早くバスに乗り込み、ここぞとばかりに仮眠。

そのまま5合目まで行きます。

到着して30分から1時間ほど準備時間が与えられます。

昼過ぎくらいから5合目を出発し登山開始です。

 

ツアーの進行

ツアーは約20人くらいが1組。

ガイドがそれぞれ先頭と最後尾についた形で歩く。

後はひたすら歩く。

体力キツい人が前に出て、余力がある人は列の後ろで歩く。

俺と友人、別の若い兄ちゃん達は最後まで一番後ろでヘラヘラしながら登ってました。

 

30分に1回くらいの結構な頻度で小休止がとられる。

正直「また休憩かよ」ってうんざりするくらいの頻度だ。

でも登山はそんなもん。十分すぎるくらいに慎重に行かなければならない。

なんでこんなに休憩するのかというと、

「高山病対策」

 

体力がどうこうの問題ではない。

低酸素濃度の環境に体が順応するまでに単純に時間がかかるのだ。

順応しきれないうちに許容レベル以上の低酸素状態になると高山病発症ってわけ。

気づいたら手遅れなのが怖いところ。しかも山なので逃げ場無し。

しんどいの我慢して、酸素が濃いところまで下山するしかない。

 

低酸素症の怖いところは「自覚症状が無い」こと。

自分がおかしくなってるかを判断するための脳ミソが酸欠でダメになることだからね。

酔っぱらいに限って酔ってないって言うのと同じだな。で、気づいたら記憶が無いってやつ。

実際数人だがゲロってる方もいらっしゃった。

普通に健康体の人なら余裕だと思います。なんともありませんでした。

 

ひたすら歩きます。

 

暗くなってくる

ここで必要なのが「ヘッドライト」。

ショボいヘッドライトと、しっかりした懐中電灯もっていきましたが、手で持つ奴は無理です。

必ずヘッドライトを用意しましょう。

もう少しまともな照度のヘッドライトにしておけば良かったとやや後悔。

 

皆がヘッドライトつけるので、これから歩くであろう道が先行者のヘッドライトの明かりで分かります。

大名行列ばりに途切れることなくズラーっと人がいます。

まだあんなにあんのかよって心が折れないように気をつけましょう。

 

8合目到着しての休憩

さらっと書きましたが、登山開始から

約9時間経過 

長かった。。。

 

ここでプランには山小屋の利用も含まれるため、予約してある山小屋で休憩。

大休止プラスご来光までの時間調整です。

そのときのご来光にあわせて、「1時に出発します」とか指示があります。

 

本来は3時間ほど仮眠をとれるんですが、寝ませんでした。

理由は寝れないから。雑魚寝も雑魚寝です。

畳1枚のスペースに2人寝る感じ。両肩が知らない人と触れ合った状態です。

「こんなんで寝れるか!」ってのと、まだ体力的に余裕だったので寝ませんでした。

他にも同じように寝床を使わない人が一部いると思われますので、残った人はもう少しスペース確保して寝られたのかもしれません。

 

では山小屋で何をするか。

飯食ったりビール飲んだりです。

全部のメニューは覚えていませんが、

  • カレーライス(レトルト)
  • カップヌードル
  • 缶ビール

がメインです。

俺がいったときはカップヌードル600円とかそのくらいでした。

考えてみれば妥当な金額ですが、以外と食費かかるっていう。

上の3つで2000円近くですね。

 

ご来光目指し出発

夜中に出発です。

ちなみに8合目からご来光を見る人はこのまま待機。

まだ山頂まで3時間以上ありますから。

頂上までトライする人だけ登り始めます。

 

黙々と登って山頂に到着です。

そして

 

ご来ーー光ーーーーーー!!

キタ━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)人(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━!!!

 

てな具合ですっげぇ人がウジャウジャいるんです(笑)

どこのアミューズメントパークだってくらい。

でも感動します。思ってたより感動しました。

しかも運良く天気も快晴でバッチリでした。

ここまで、天候が荒れることも無く最高に楽勝な環境で登頂完了です。

 

と思ったら大間違いです。

 

お鉢巡りをしないと本当の頂上に行ったことにはならない

お鉢巡りとは、富士山頂の火山口の周りを一周するんです。

ここで初めて知りましたよ、「火口の反対側に行かないと最頂上じゃない」って。

ここからは更に体力自慢の人間だけがお鉢巡りに出発します。

たしかここでガイド達は下山する人たちについて行っちゃいます。

ほんとお鉢巡りする人少ないので。ここからはツアー関係なくフリーダムです。

 

体感的に半数以上の人たちはこのまま頂上を満喫して下山を開始します。

ここまで12時間以上登りつつけてきたのに、お鉢巡りでさらに2時間半かかります。

もちろん、行きましたよお鉢巡り。

日本の最高到達点を目の前に帰れません。

 

お鉢巡りで、火口の反対側に行くと頂上到達の証があります。

P1000804_convert_20080904011500_jpg_400×300_ピクセル

 

ここぞとばかりにドヤ顔で写真をとります。

 

ここで素晴らしいのがもう一つ。

『富士影』

 

地上に移る富士山の影をみることが出来ます。

位置関係から分かると思いますが、ご来光が見える反対側に行かないと富士影は見ることが出来ません。

お鉢巡りをした人の特権です。

しかも雲が無い状態でないと地上が見えませんので、なかなかレアな経験のようです。

これもまた運良く1発目で拝むことが出来ました。

 

 

下山開始

自由に頂上を満喫したら、帰りのバスの時間に間に合うように下山を開始します。

下山に要する時間は約4時間半。早いですね。

ここで気づく。

下山がキツい。

だから、みんなお鉢巡りせずに下山の体力を残してたのかと。

 

もう一つ気づく。

めっちゃ滑る。

だから、みんな杖ついてるんだと。

このための登山スティックなのかと気づかされた。

 

無いもんは無いので、半分滑りながら下っていく。

結構歩き疲れてのに、何度も転びそうになる訳だから、かなり体力を消耗する。

後は連れとお互いにコケそうになってるのを見て爆笑しながら歩くから余計に疲れる。

下山が一番キツかったです。

 

富士登山終了

無事下山したらバスに乗って用意された温泉に入り、飯食って帰る。

いやぁ酷使した体に温泉はサイコーです。

で、帰宅したら打ち上げってことで、そのまま飲みに出掛けるのでした。。。

 

初登山を終え後悔したこと

小銭を持って行く必要がある

山中にあるトイレは有料。

高度が高くなるに従い料金アップ!

最初50円くらいの最後150円とかだった気がします。

1000円分くらい小銭があった方が安心です。

ほぼ金を使う場所がないので、お札を小銭に崩せません。

 

あと、トイレは常に出来るとこで済ませた方がいいですね。

降りる際に気づいたらトイレどこにも無くて、1時間半くらいウ○コ我慢して苦痛でした。

想像してみてください。ズルズル滑る斜面で便意をこらえるさまを。

ズルっ!あぶねっ!(別な意味で)

 

杖・スティック

いやー、下りがスベルスベル!

このために杖ついてんのかと知りましたよ。

もう3歩あるいたらズルっつって、また3歩でズルっ。

足すべらせたあとの体勢の立て直しは結構体力消耗します。

「滑っては体勢を立て直す」を4時間続けるのはキツかった。

体幹トレーニングには最適ですよ。

普通に歩いて降りたい人はスティック用意すべきです。

事前に用意しないとお土産やさんで、富士山の焼き印が入った金剛杖という「ただの木の棒」を買わされるハメになりますよ。

スクリーンショット 2014-08-05 19.06.09

photo via http://kclab.jp/

木の棒がたしか1000円とかしたので、ちゃんとした登山用品の方がいいです。

記念に欲しいって人はこの限りではありません。

今度行くとしたら持って行くでしょうね。

 

食料・水分が足りない

富士登山はほんと長い。特にツアーの場合はペースもゆっくりのため、とにかく長い。

腹が減ってしょうがなかった。

それと、水分はもっと重要。

可能であれば3〜4リットル程もっていった方がいいと思う。

水と食料は荷物の重量と相談して、可能な限り持って行くべきだろう。

 

ちゃんとしたカメラ

スマホのカメラでいいやと思った俺が馬鹿だった。

せっかく頑張ったご来光がとてつもなく小さくなるので、記念に残すならちゃんとしたデジカメを持って行くべきだでした。

スマホだとバッテリーも不安ですしね。

 

まとめ

前日2時間しか寝ずに出発して、途中仮眠をとらずとも富士山登って降りてくるくらいのことは出来ました。

日頃から健康に気を使って生活していたからですね。

あ、あくまでも夏登山で天気が良かったという条件も重なっての話です。

そうは言っても、ただのめちゃくちゃ長い散歩ですからね。

 

ただ、世の中には山を舐めてかかって帰って来れないような人もいます。

自分の体力とかを把握出来てないんでしょうね。

最低限抑えるべきところを抑えてれば心配するほどのものじゃありません。

俺は多少は体鍛えてますし、低酸素症とか生理学系の知識とか気象の知識も多少あって、その上で結果準備が少し疎かになっちゃったってことですから。

自分の技量とか体力をわきまえて準備すべきだと思います。

 

良い運動と話のネタにはなりますよ!

 

【関連】一番手軽で誰でも出来る運動、その名もウォーキング。

【関連】足がつるときの原因・対処法・予防法について。

 

スポンサーリンク

ご購読ありがとうございます。