スポーツジム・フィットネスジムでの服装・ウェア選びの基本。

34718255_m

ジムの入会を検討中でしょうか?

どんな服装が良いのか。何が必要なのか。逆に、これはダメというものもあります。ケース別に一通りまとめましたので、ウェア選びを考えている人へ参考なれば幸いです。

スポンサーリンク

ジムに必要な物

必ず必要な物

  • スポーツウェア
  • シューズ

有った方が良いもの

  • タオル
  • ドリンク
  • 着替え

ウェアとシューズは必ず必要ですね。

シューズですが、一部のを除いてほとんどのジムは屋内用の靴が必要です。運動用のシューズであれば基本的にどれでも問題ありません。サンダルなどは辞めましょう。

ウェアについても動きやすいものであれば基本的に何でも可。周りに不快感を与えないよう最低限の清潔感を気にするくらいで良いと思います。

全てに共通する服装選びの基本

スクリーンショット 2014-08-26 04.37.20

基本中の基本

Tシャツ・短パン・運動靴。これでOKです。

学校の体育の時間は、ありとあらゆる運動をこれだけでこなしていたはずです。心配いりません。これが有れば大体事足ります。ちなみに僕はこれです。

ウェア【上】

基本は半袖Tシャツで良いです。ジム内は運動しやすいように温度管理されているのが通常ですので、年間通して半袖でOKです。

寒さが気になる人は、長そでを着るよりは半そでTシャツの上に何か羽織る物を用意することをお勧めします。休憩中や、ストレッチの時に羽織るためのジャージやパーカーで良いです。

長袖がダメってことはないので、好きな人は長袖で問題有りません。

生地についてですが、速乾がどうこうとか言われるほど気にする必要はありません。自分が汗をかいて運動するにあたって不快に感じないものを選びます。

色は何でもありです。ただ、汗をかいて下着が透けるのが気になる人はその辺だけ気をつけてください。ちなみに男でチクビが透けてるとダサいです。

ウェア【下】

基本としてはジャージ素材のハーフパンツで良いと思います。長いものでも良いですが、引きずらない長さのものにしましょう。走る系がメインの人は、陸上競技やランニング用のパンツもあるので検討してみてください。

女性で肌の露出が気になるのであれば、スポーツ用のサポートタイツなどを下に履くといいと思います。

こんな物です↓

僕もいくつか所有しております。衣類と肌の間に1枚はいることでベトつきが無いので好きです。

最近はオシャレなのもたくさん有りますし、商品によっては疲労回復の効果があったり、膝や腰をサポートしてくれるものもあるのでデザインと合わせて選んでみるといいと思います。

靴下(ソックス)は重要度が低いですが、陸上用のソックスもありますのでランニングメインであれば1度はいてみるのもいいかもしれません。ものすごく走りやすいですよ。

シューズ

これはとても大事です。

基本はスポーツブランドのランニングシューズであれば問題有りません。

しかし、ウェアと違ってサイズや足形が合わないと大問題です。特にスポーツの経験が少ない人は、ネットで買わずにお店で店員さんと相談しながら必ず試し履きして決めてください。

ランニングシューズですが「初心者向け」とか「ベーシックモデル」とうたわれるもので良いです。高価な物・上級者向け・レースモデルなどは一見すると高機能で良さそうですが、靴底が薄く膝や足首への負担が大きいです。

更に、薄く軽量に作られているためすぐ壊れます。本当に。トップレベルのランナーなんかレース数回で使い捨てということもあります。

【足形について】

同じサイズ表記でもブランドによって差があるので注意してください。

僕の場合ですが、典型的な日本人タイプの幅広な足形ですのでアシックスなどのワイドタイプでないと履けません。ナイキやアディダスのジャストサイズを履くと、横幅が圧迫されて痛みます。

日本人タイプの人はアシックスやミズノ、欧米(細い)タイプはナイキやアディダスが多いです。同じブランドでも製品やモデルによって差はあります。

シューズだけは、デザインよりも足に合うことを優先して決めてくださいね。

やること別の具体的な選び方

スクリーンショット 2014-08-26 04.41.12

具体的に決めて行くには、ジムで何をするのかが決まっていないとウェアの機能面での選択が出来ません。

ジムで何をしたいかを決める

ジムの設備をざっくり以下のように分けます。

  • 有酸素運動系・・・トレッドミル(ルームランナー)、エアロバイク等
  • スタジオ系・・・スタジオエリアで行うもの、ヨガやダンス等
  • マシーン系・・・マシンを使っての筋トレ
  • フリーウェイト系・・・バーベルやダンベルを使っての筋トレ、ベンチプレス等

一般的に、動きやすくスポーツ向けの服装であればどれでも一通りこなせます。

だた、少しだけ違いや注意点が有ります。どれをメインでやるか考えてから服装を選んだ方が失敗も少なく、選ぶ対象を絞れるので決めやすいと思います。

有酸素運動系

エアロバイクやトレッドミルです。

汗をかくので、速乾素材のものの方が運動中も快適ですし運動後も体が冷えにくいです。汗拭き用のタオルと水分補給の手段は必須になります。

運動後の着替えも持って行きます。

スタジオ(ダンス・エアロビ系)

ランニングに比べ、横方向の動きやストップ&ダッシュのような動きが多くなります。

バレーボールやバスケットシューズのように、こういった動きに適したシューズも有りますのでスポーツ店で聞いてみるといいと思います。

スタジオ(ヨガ系)

激しい動きが無い分、よりゆったりした服装や可動域が広い服装が適しています。ストレッチの効く服装が良さそうです。ヨガウェアというジャンルも出来ているので、そこから選ぶのも良いと思います。

例えばこういうの↓

マシントレーニング系

これは特にありません。服装は何でも可です。

ただ、場所によってはマシンを拭くためのタオル等が無い可能性が有るので、自分の汗がつかないよう、もしくは前に使った人の汗が気になる人はマシンに敷く用のタオルが必要になる場合が有ります。

通うジムの設備を見ておきましょう。

フリーウェイト系

レベルが上がると、色んな小道具が出てきますがマニアックになってくるのでこの記事では割愛します。

*追記2015/2

【参考】ウエイトトレーニングに必要なグッズ3つと選び方|初心者〜中級者向け

まとめ

重要な部分だけ押さえていれば、あとは好みで決めてOKです!

自分が楽しく運動できるようなものを選べばモチベーションの維持にも繋がります。

あ、そうそう、女性はアレを忘れたらだめです。アレです。

ムダ毛のケア。

多分、冬場は怠っているでしょうからジムに行く前に準備しておきましょう。「Tシャツだと脇が」、「短パンで脚が」って感じですよね。むしろ肌が出せないと服を用意しても着れないという失態になりかねません。

僕は行きませんが、ミュゼとかだとワキ脱毛100円?希望部位をやっても初回だと1000円でできるみたいですね。先に見えやすいところだけでもサッと処理しておいた方が安心してジムワークができます。

>>【ミュゼ】WEB予約限定!両ワキ+Vライン美容脱毛100円はこちら

基本的な服装とムダ毛処理だけやっておけばジムに行く準備は完璧です。安心してイケメンマッチョに会いに行ってください!

100円

↑↑ここをクリックです↑↑

【関連】スポーツジム・フィットネスジムの選び方!通いやすさで選ぶのがおすすめ!

【関連】肉体改造の初心者こそプロテインを飲むべき理由。使い方を伝授する。

【関連】通常のブラジャーで運動すると胸が垂れる原因になる!?スポブラの進め。

スポンサーリンク

ご購読ありがとうございます。