1〜2ヶ月でどれだけ痩せられるか?ダイエット・減量に必要な期間の目安。

3435504116_92e69e1514

おそらくここを見てくれている人は、ダイエットをしようと思っているけどまだ取り組んでいない人が多いんじゃないかなと思います。

正直なところ、どれくらいで痩せるかなんて気にせずに今すぐ始めるのが一番です。たぶんあなた自身も分かっているでしょう。それに、それぞれの体型や生活環境によって結果はバラバラです。一概にどのくらい痩せるかを正確に出すのは非常に難しいです。

ただ、人間はある程度の目標がないと頑張れない生き物です。あくまでも目安 にはなりますが、もし頑張ったら、どのくらいの期間でどのくらいのダイエットが可能なのか を書きます。

ついでに、 どのくらいの減量が可能なのか判断してもらえるサービスも存在します ので最後にご紹介しますね。

photo credit: (4756) Tempus fugit via photopin (license)

スポンサーリンク

 健康的に痩せられる現実的な減量ペースの目安

※あくまでも目安ですからね。

  • 1週間だと0.5〜1kg
  • 1ヶ月だと2〜4kg
  • 2ヶ月だと4〜8kg

これくらいが健康的にリスクの少ない減量ペースになると考えて良いと思います。

減量のペースに幅があるのは体重や体脂肪率の差があるためです。体重が多い人(大柄な人)ほど減らせる脂肪のkg数は大きくなります し、体脂肪が少なかったり小柄な人であれば減らせる幅も小さくなります

例えば、もともと体脂肪が10%台前半の人がもっと絞ろうとすると、週に200gずつとかかなり少ない減量幅になります。

いわゆるぽっちゃり体型、体脂肪が20%(女性は27%)以上くらいの人は週に1kgに近い幅で落とせる と思います。月4kgペースですね。

さらに体脂肪が多い人。体脂肪30%(女性は37%くらい)以上ある人であれば、週に1kgをやや超えるペース での減量も可能になるかと思います。

もっと短期間で減量する方法はないのか

上に書いた目安はあくまでも健康的に痩せられる目安 です。もっと減量の幅を大きくすることも全然可能なのです。たぶん2倍くらいのペースでは減らせると思います。週に2kgペースとかですね。

ただ、ハイペースでの減量はいろいろとリスクがありますので説明させてください。これを踏まえた上で自己責任で進めてくださいね。

健康上のリスクは主に2つです。

  • 体調を壊す
  • 筋肉量の減少

もし、普通に週2kg以上のペースで落としたという人がいたら、それは脂肪+筋肉+水分の重量になっている可能性が高いです。脂肪だけで2kgは結構大変です。

減量で体調不良になる

減量は基本的にはカロリー収支によって左右されます。ハイペースで減量を進めるためには、その分カロリー収支もマイナス幅を大きくとっていく必要が出てきます。

【関連】肉体改造に最重要で最低限必要な知識!カロリー収支とは。

カロリー収支をマイナスにするための手段は2つのみ。

  1. 消費カロリーを増やす
  2. 摂取カロリーを減らす

例えば週に2kgのハイペースで減量するとします。脂肪1kgはカロリーにすると約7000kcalあります。2kgだと14000kcalですね。1週間で14000kcalのマイナスをつくるということになります。

すると、1日あたり2000kcalのマイナスです。これをどうやって実生活でクリアするか。

女性の1日の摂取カロリーはだいたい2000kcal弱といったところでしょう。コンビニ弁当を3食食べるだけで2000kcalくらい になります。ジュースやお菓子はまた別ですよ?

ここからどう2000kcalのマイナスをつくるか。

まず食事のみでマイナス2000kcalにするとしたら、絶食ですね。普段2000kcalくらいとってるわけですから、一切何も食べなければマイナス2000kcal です。これを1週間続ければ2kgくらい痩せられます 。死んじゃいますよね?

では、食事は今まで通りとって運動で2000kcal消費するとします。2000kcal消費する運動量の目安をあげますね。

  • ウォーキング:10時間
  • 水泳(クロール):2時間
  • 水泳(平泳ぎ):4時間
  • ジョギング:4時間
  • 半身浴:14時間

さぁどれでも好きなのを選んで実践してくだい。ちなみに毎日ですよ?1週間続ければ2kg落ちます。

多分ぶっ倒れるでしょうね。

こんな感じで、1週間に2kgペースというのは、運動であれ食事制限であれかなり健康的にリスクが高いのでオススメしません。

筋肉が落ちる

こちらの方が真面目な話です。

マイナスカロリーの生活を続けると基本的には脂肪も筋肉もどちらも落ちます 。ですので、ダイエット開始当初は脂肪と筋肉減少で一気に体重が落ちます。ここで問題なのが筋肉が落ちることです。

筋肉が落ちると基礎代謝量が減少しますので、体が消費できるカロリーが少なくなってしまいます。これが後のダイエットの停滞やリバウンドの原因になります。

ですので、ダイエットはなるべく筋肉量はキープして基礎代謝を落とさないように、脂肪だけをうまく削っていくのがベターです。それが可能なのが、上に書いた健康的に痩せられる減量ペース ということです。

ダイエットを急げば急ぐほど筋肉は落ちてしまいます。むしろ脂肪より筋肉のほうが優先して分解されますからね。人間の体ってそうできてるんです。

もし、これを強行したら体重計の数字的にはすごく軽くなりますが、見た目は必要な筋肉がない貧相な体になります。せっかく努力するのですから、そんな美しくない痩せ方はやめましょうよ。

最適な減量ペースを見極める

基礎代謝・カロリー収支を把握する

  1. 基礎代謝がどれくらいか把握する
  2. 目標を決める
  3. 必要なカロリー収支を計算する
  4. 実行可能な期間を決める
  5. 実行する

こうして、自分専用のプランを組み立てるのが一番の近道です。最初は計算が計算が面倒かもしれませんが、これをやらないと行き当たりばったりでいつまでたっても痩せません。

一回計算するだけなので、ぜひやってみてください。別の記事に計算方法など書いてます。

【関連】1ヶ月で5キロ痩せるための理論的な方法。本気で痩せたい人向けの手順。

専門の人に計算してもらう

本当は自分で計算できるのがいいのですが、計算が苦手な場合は人に頼んでしまいましょう。

方法は、パーソナルトレーニングのカウンセリングを利用するという裏技 です。

各プライベートジムは、会員への説明のために無料でカウンセリング を行っています。さまざまな測定から普段の生活習慣・過去の運動歴など細かく聞いたうえで、どれくらい痩せられるのかというところまで判断してもらえます

本来はその結果を聞いて納得すればジムに通えばいいんですが、別に通わなくでも問題ありませんからね。カウンセリングだけ受けて入会してない人はたくさんいます。

  • 週に何キロペースで、目標達成にどれくらいかかる
  • どんな方法でダイエットを進めることになるのかetc

話だけ聞きに行って、あとは自分で実践すれば良いと思いませんか。人に聞いてしまうのが一番素早く簡単にダイエットのための知識を身につけられます。

せっかく無料で専門の人の話を聞ける機会があるんですから、使わないと損です。WEBで簡単に予約いれられるので、使えるものは使ってしまいましょう。

>>RIZAP

ライザップなら全国展開なので、どこに住んでても近くの店舗にいけます。

まとめ

あ、すぐに動かないとまた痩せるのが先延ばしになりますよ。そうしているうちにすぐ次の夏がきます からね。また、前回の夏と同じ思いをしたくなければ今すぐ行動 です!

おすすめは、期日を決めてしまうこと。期日を決めれば人は行動できます。

▼どちらでもいいので即行動 に移してみてください。

  1. 基礎代謝を自分で計算してみる
  2. 無料カウンセリングの予約いれる

ダイエットは運動や食事制限だけでなく、必要な知識を身につけるのもダイエットのうち です。ですので、例えば勉強のために今カウンセリングの予約だけ入れたとしたら、それも立派にダイエットのために行動が出来てるということ です。

>>RIZAP

↑3分で終わります。

話を聞きに行くだけで正しい知識が身について一気にダイエット成功に近づく可能性もあります。

スポンサーリンク

ご購読ありがとうございます。