ママチャリツーリング!!川崎⇒浜松250km走破、箱根越えの記録。

c0421c3c1dd667ffbf431f0b89d9b9a8_s
c0421c3c1dd667ffbf431f0b89d9b9a8_s

あなたもママチャリに乗ったことがあるはず。しかし、ママチャリで箱根を越えた奴は少ない。

ママチャリ界において箱根越えは一種のステータスである。箱根を越えたことが無ければママチャリを語る資格は無いと言われるとか言われないとか。

なんでママチャリか?だってバイクとかスポーツタイプの自転車でやっても普通でしょ。そんな誰でも出来ることをやっても何も面白くない。

箱根越えてきた時の話です。

スポンサーリンク

過去の戦歴

過去に2度ツーリングの経験がある。事前練習のようなものだったが、その時の経験もいくつか書こうと思う。

第一回:川崎〜箱根間往復

往復約150km。ひたすら1号線を走るコース。

結構キツかった。何がキツかったってケツとヒザがものすごく痛かった。普段それほどの距離をチャリで走ることは無いので体が慣れていなかったせいだと思う。

小田原までは何とか頑張ったが、問題はその先。道路がチャリンコを走ることを想定して作られていないことに気づいた。まず自転車が走るスペースが無いのと、車がバンバン通ってマジ危険。

地図に乗っていない情報を体感出来て非常に勉強になった。後半になるとペースもがくっと落ちて、おじいちゃんやJKのチャリについて行けなくなっていた。メンタルで乗り切ろう。

元々は箱根神社に参拝する予定での出発だったが、時間をミスった。箱根山中で日没を迎えあたりは完全に真っ暗。お店や旅館も全部閉まっており、山頂まであとどのくらいでつくのかも全く不明な状態に陥った。

これ以上進むのは危険と判断し折り返して帰ってきた。

往復約24時間で完走。

 

第二回:渋谷〜熱海間往復

往復約200km。

1回目の反省を生かし、次は熱海へチャレンジ。小田原までは同ルート。1回経験があるからかかなり楽に感じる。小田原までは楽勝。

問題はまたその先にあった。第1回と同様、チャリには厳しい道路設計。狭い・道が悪い・逃げ場が無いといった最悪な道路環境。海添いを進むということなのだが、期待に反して思いっきりアップダウンあり。

第一回・第二回を通して得た教訓は「小田原より先は自転車で行くところではない」ということ。

歩道や路側帯が無い道路で、車は余裕で80キロオーバーくらいで飛ばしてくる。疲れてるのに関わらず、車の流れの切れ目を狙って立ちこぎスーパーダッシュで次の逃げ場(ガードレールの隙間)まで走るという、ストップ&ダッシュが必要になる区間(上り)あり。

ここで「車が少ない時間帯に走る」という知恵を身につけた。

熱海では旅館にて温泉と食事で疲労回復をはかり一泊(仮眠)。明け方から出発し、交通量が少ない時間帯に熱海を抜け出して帰ってきた。

約24時間で完走。前回にくらべ成長を実感。

 

ツーリング事前準備

服装

  • スキンズ、アンダーアーマー
  • ジャージ上下
  • ウインドブレーカー
  • グローブ
  • 登山靴
  • Gショック
  • レイバン

がっつりスポーツ仕様の服装にした。第1回目の経験から語ると、ジーパンで困るのは動きづらさよりケツの痛み。ケツがすれて痛むと非常に苦痛なので運動用のズボンの方が良い。

靴も迷ったあげく登山靴にしたが、結果正解だったと思う。ペダルをこぐにあたっては登山靴でもなんら支障は無かった。チャリを押して坂を登る時に、登山靴の安定性が非常に助かった。スニーカーだと柔らかすぎて逆に疲れると思う。

長時間乗っていると手のひらもすれて痛くなるからグローブ必須。砂埃や日差しから目を守るためにサングラスも着用しよう。

持ち物

  • リュック
  • 着替え
  • お金
  • 携帯電話の充電器

ほとんど衣類。一番大事なのはお金。お金があれば何とかなる。

今回は持ってかなかったが、可能であれば簡単な工具を持参することをオススメする。後述するが、マシンがトラブった時が一番厄介。山の中や夜間の走行時にトラブるとどうしようも無くなるので、応急処置が出来る程度の工具があったほうが安心。

マシン

  • 普通のママチャリ

ドンキホーテで買ったママチャリ約15000円。タイヤ27インチ。フロントにはカゴ、リヤには荷台を搭載。5段変則付き。なるべく頑丈そうなマシンを用意した。

カスタム・チューニング

  • サドルカバー
  • サドル上げ

これまでの経験からサドルカバー(クッション)は有った方が良い。ケツの痛みがだいぶ違う。

サドルの位置は最初からマックスにするべき。疲れたら後で上げようなんて考えてたら後悔する。可能な限り楽なライディングポジションでスタートする。

 

ツーリング全行程の記録と感想

走行区間ごとの攻略ポイントを書く。簡単に言えば箱根駅伝をママチャリで走ると思えば良い。

川崎〜小田原

走行距離約70km。朝6時くらいに出発。

この区間は2度経験しているので楽勝。途中何度かアップダウンがあるくらいで、特別問題は発生しない。休憩するためのコンビニや飲食店も数多くあるので安心して走れる。

箱根越えのためにいかに体力を温存出来るかが勝負だ。オーバーペースにならないように、なるべく一定のペースで走り、疲れる前にこまめに休憩を入れるのがポイント。ママチャリツーリングで疲れたら休憩しても回復は難しい。

ひたすら国道1号線を突っ走る。茅ヶ崎以降が海沿いの超ロングストレートがつづくが心が折れてはいけない。途中スポーティーなチャリンコに追い抜かれるが気にせずたんたんとペダルをこぎ続けろ。

小田原〜箱根

区間距離約7km。 箱根湯本を目指して進む。

道路の作り方の問題で、自転車で走るには苦労する部分が多々ある。例えば以下のようなもの。

  • 走るスペースが無い
  • 車道の反対側に渡れない
  • 自転車をかついで階段登る

そうしているうちに、いわゆる一般的に旅行などで訪れる「箱根」に日没前に到着出来た。まだ体力的・時間的に進むことは可能だが、箱根山中で夜を迎えるのは危険なので時間調整のため大休止。ちなみに旅行客ばかりで誰もママチャリで来てる人はいない。

予約なしで旅館に突入。人気旅館は当日だと空いていないので妥協しよう。

ここでまた教訓。「温泉は酷使した肉体を癒すためにある」ということ。テルマエロマエ感を味わえる。

食事の際のビールは我慢。箱根越えに備えて全力で回復をはかる。

 

箱根越え(登り)

いよいよ最大の目的である箱根越え。

朝になって車が増える前に出来るだけ進みたい。夜中のうちに出発したかったが、宿泊した旅館のチェックアウトが朝5時以降と決まっていたので思いのほか休憩が長引いてしまった。旅館によってはフロントの人が24時間常駐してる訳ではないようなので要確認。

登り始めると、勾配的に自転車を押して登るのがほとんど。自転車と荷物で合計15kgぐらいを押ながら歩き続けることになるから相当きつい。

曲がりくねる道は先が見えない。コーナーを1つ抜ける度に目の前に上り坂が現れる。いつまで続くんだとメンタル的にもやられる。

早朝にローソンで食べたおにぎりとみそ汁がうまかった。

教訓、箱根越えは富士登山の数倍きつい。

スクリーンショット 2014-09-03 2.23.22

箱根越え(下り)

一気に芦ノ湖のほとりまで下る。静岡県の三島を目指して進む。

この区間で今回のチャレンジで最大の発見をすることができた。

下り、めっちゃ楽しい!!笑

人生で一番ママチャリを楽しんだ。体感的に30分くらい坂を下りっぱなし!これはマジでヤバい。どんな絶叫マシーンよりも面白かった。

これは本当に人生で1度は経験してほしいと思うくらいの楽しさ。日本人なら一度は富士登山しておこう的な感覚。日本人なら一度は箱根をママチャリで下るべきだと言っても過言ではない。

これまでの疲労と箱根制覇の達成感があいまってテンションが異常になる。

半日かけてママチャリを箱根頂上まで運んだ人間だけが経験出来るレアな体験。むしろ富士山より難易度は上だ。

これを伝えたくてこの記事を書いているようなものだったりする。

もう一度言うが、是非人生で一度は経験して欲しい。

 

静岡県

さて、箱根頂上から一瞬で静岡に突入。静岡横断だけで150km。

武井壮さんがママチャリツーリングをした際に「静岡県は長かった」と言う言葉を残している。実際マジで長かった。ひたすら長い。いつまで静岡やねんって感じ。

ただ、静岡の良いところは自転車に優しい。道幅が広くとてもキレイで走りやすい。アップダウンも無くずっと平坦。これは本気で静岡県の自分の中での評価が上がった。

小田原までの経路に比べると、2〜3倍ぐらいのペースで距離が稼げる。それでも長い静岡。

途中静岡市で仮眠。駅近くにはマンガ喫茶などの施設が無いので、休憩するなら国道沿いなどで探すことになると思う。

静岡の東端から西端まで横断。浜松に到着。

ここで名古屋までの距離を見たらまだ100km以上。あと半日以上かかると想像したところで心が折れてツーリング終了とした。というか飽きた。

以上が川崎-浜松(箱根越え)ママチャリツーリングの全容だ。

まとめ

ちなみに武井壮さんは千葉から神戸まで36時間で行った経歴があるそうだ。半端ない。これはマジで全国クラスのアスリートレベルの体力が無いと無理。

でもほんと箱根下りは楽しかった。あなたも1度やってみることをオススメする。

最後に全体を通しての感想を一言。

 

2度とやらねぇ。

【関連】サスケパークin豊洲2014!チャレンジした感想と完全制覇の攻略法をメモ。

【関連】楽勝!初登山で富士山制覇してきた感想と後悔したことなど。

 

スポンサーリンク

ご購読ありがとうございます。