スポーツジム・フィットネスジムの選び方!通いやすさで選ぶのがおすすめ!

エニタイムジム内

こんにちは。

スポーツジムやフィットネスクラブに通うとき、どこのジムを契約すべきか迷いませんか。僕は迷います。

契約時には入会金とか会員カード発行料なんかを取られますので、失敗してもすぐにジムを変える訳にはいきませんよね。できるだけ、最初から自分に合ったジムを選びたいです。

何カ所もジムの経験がある人であれば、おのずと自分にあったジムが選べます。人は経験が無いことに関しては正確な判断ができないのが普通です。

始めて通う人でもなるべく失敗しなくて済むように、ジムの選択基準・見るべきポイントを書きますので参考にどうぞ。

スポンサーリンク

ジムを選ぶ基準

通うジムを選ぶにあたって、大まかな基準は3つ。

料金

ジム通いは継続するものなので、料金は大事です。

公営のジムであれば1回数百円から利用可能。会員制ジムであれば、1ヶ月1万円前後のものが一般的です。プライベートジムや完全個室・個人指導になると一気に値段が跳ね上がります。

利用したい設備やサービスに合わせて、もっともコストパフォーマンスが良いジムを選びます。

設備・サービス

当然ですが、設備が良いほど値段が高くなります。利用したい器具やマシーンが有るかどうかは当然確認すべき。合わせて、以下のような項目も見ておきます。

  • 清潔さ
  • 管理・メンテナンスが行き届いているか
  • 客層
  • スタッフのレベル

他にも、ヨガやエアロビなどのプログラムを用意しているところもあります。良いところだとプールや入浴施設・日サロなんかも利用できます。

ただ、限られた時間のなかで全ての施設を使うのは難しい。本当に必要な最低限の設備に留めておくのが、お財布とのバランスが良いです。

場所

僕なりに一番重要度が高いのが、ジムの場所。つまりは、通いやすいかどうかです。

自宅の近くにするのか、行動範囲の中(通勤経路など)にするかは人それぞれ。どちらにせよ、気軽にジムに足が運べることが最重要です。

どんなにいい設備も、ジムに行かなければ全て無駄です。モチベーションが低い時でも行こうと思えるレベルの通いやすさを選ぶのが、ジム通いを続ける秘訣です。

ジムの種類と特徴

ジムの大まかな違いを上げますので、選ぶ参考にして頂ければと思います。契約する前は必ず現地に足を運んで、自分の目で確認してから決めてくださいね。

公営ジム

市や区が経営しているジムです。体育館や球技の競技場など、スポーツ施設が固まっている場所の一角にあるはず。市・区役所のホームページで探してみてください。

メリットは料金

一番安いジム。 大体が2時間利用で4〜5百円程度で利用できます。プールも1回数百円で利用出来ます。利用したいときにだけ料金が発生しますので、会員費が無駄になることはありません。

デメリットは設備

設備のレベルが低めです。特にウエイトトレーニングをやりたい人は辞めておきましょう。そもそもフリーウェイトが無いか、あっても重量が少ないです。

各器具やマシンの数も少ないので、タイミングによっては使えない可能性も高いです。スタッフも学生のバイトレベルなので、まともな指導は期待できません。

高齢者が多いイメージ

今まで数カ所しか経験がありませんが、どこも高齢者が集まってました。しかもトレーニングビギナーの高齢者です。若い頃にトレーニング・スポーツ経験がありそうな高齢者は会員制ジムに多い傾向です。

なぜか僕がバーベルを上げてる50センチくらい横にきて、変な体操とか始めます。集中できませんし、危険です。

トレーニング中は安全のために近づかないのが暗黙の了解ですし、人に対する配慮です。こういったマナーが分かっていない人が多く、それを指導するべきスタッフもいないのが公営ジムです。

公営ジムのススメ

手軽で軽い運度をしたい人向け。エアロバイクやランニングマシン、軽めの筋トレです。

プールだけの利用なら有り。プールはプールなので、設備の善し悪しはあまり差がありません。

会員制ジム

ジム選びで迷うことになるのがコレです。ゴールドジムを初め、コナミやザバスやセントラルや選択肢が多いです。先に簡単な概要をかきまして、詳細は別の項で後述します。

料金体系がいろいろ

同じジムであってもプランを選べる。使う設備や、利用する時間帯に制限がかかっている契約だと安めです。設備も時間もフルに利用出来るものが高くなります。たまたま自分の生活スタイルや希望にあったプランがあれば、安く利用できるのでオススメです。

オプションでタオルの貸し出しや、個人指導などをつけることも出来ます。

1回いくらで利用できる場合もありますので、1度利用してみてから月契約を結ぶのも良いと思います。

設備も様々

公営ジムと比較すると設備の充実度は高い。もちろん各ジムによって細かい部分は異なります。

大まかな施設(人気の器具など)はどこにでもあります。具体的にはトレッドミル(ルームランナー)やエアロバイクなどの有酸素運動系は数も充実しています。メジャーなトレーニングマシンはどのジムにでもあります。

差が出るのはウエイトトレーニング系やプールの有無など、プラスαの部分。

トレーナーがいる

基本的にトレーニングを説明・サポートできるトレーナーがいます。当たり外れは有るかもしれませんが、公営ジムに比べたら最低限の知識は教育されている場合が多い。

会員制ジムのススメ

最低限必要な施設は全て揃っており、どこのジムでも同じ!各ジム独自のサービスや、プラスαの施設で選択します。

プライベートジム

最近バンバンとテレビやCMで見ますね。個人トレーナーがついて、メニュー作成からトレーニング・食事まで全てをサポートしてくれるもの。

これはジムの設備ではなく、トレーナー業務について料金を支払うもの。本記事のジム選びとは主旨が異なりますので、別の記事にする予定です。

会員制ジム詳細

一番迷うであろう会員制ジムについて。ジムによって差が出る部分はどんなところか?

どのジムでも同じな所

料金

どこのジムブランドが高い安いはあまり有りません。ジムの料金は、純粋に設備やサービスと比例すると思います。

例えば世界的に有名なゴールドジムがあります。一見高そうですが、時間帯が限定された会員プランであれば10000円しません。後発の国内ジムブランドでも、フルタイムでプールも使えるような会員プランを選ぶと1万2000円〜くらいになります。

最近増えてきた24時間ジムですが、これは設備と人件費の極限までの簡略化で料金を下げられています。

どこのジム系列が良い悪いと限定せずに、実際に行く店舗の設備・サービス内容で料金を選ぶのがポイントです。

人気の設備

以下のような設備は、ほとんどどこでも有ります。

  • トレッドミル
  • バイク
  • 各筋トレマシン
  • ダンベル
  • シャワー

ごく一般的に運動がしたいのであれば、どのジムも同じですし、十分です。

ジム・店舗によって違いが出る所

ウェイトトレーニング

以下のようなもの。

  • ベンチプレス
  • スクワットラック
  • スミスマシーン
  • その他フリーウェイト系

通常のジムは各1台ずつくらい有る。たまに、スクワットラックが無かったり、ウエイトトレーニングに全く力を入れていないジムがあるので注意。ゴールドジムなんかになると、スクワットラックが3台置いてたりします。フリーウェイトを複数台置いているジムは希少です。

プール

そもそもプールが同じ施設にあるかどうか。セントラルやザバスなど、スイミングスクールをやっているような施設にあります。このようなジムはプール付きの会員プランが用意されています。もしくはプールだけ別料金で1回いくらのパターン。

都心など、土地の確保が難しい地域にはなかなかありません。僕のおすすめは、普段はジムでトレーニング。泳ぎたい時だけ公営のプールを数百円で利用する使い方です。

スタジオ系レッスン

ダンスやヨガなどのレッスンを行っているジムもあります。僕がゴールドジムに通っていたときも、ガラスの向こうのスタジオでヨガってる人達がいました。

参加したいプログラムがある人は確認してみましょう。

日サロ

ボディビルダーはコンテストシーズンに真っ黒になります。そのため、ジム内に日焼けマシンが設置されているところもあります。同じ系列のジムでも店舗によって異なる部分ですので要確認。

トレーナーの指導

別途有料で、個人指導をしてくれるサービスも多いです。まともにトレーニングや栄養の知識が信頼できるのはボディビル経験者のみです。 大学でスポーツやってましたくらいの人には、お金を払う程レベルの知識は無いと感じます。

家電量販店の販売員が、パンフレットに載ってる程度の知識しか無いのと一緒。素人を相手にするための知識しかありません。お姉様方、トレーナーを選ぶ時は顔じゃなくてキャリアを見てくださいね!

客層

気持ちよく汗を流すのですから、最低限のマナーや清潔さがあるような人が集まるジムの方が良いですよね。

これは運です。

まとめ

ジム選びの第一優先は通いやすさ! その場に行きさえすればやる気もでますよね。最悪、ジムでストレッチだけして帰宅しても、コタツでお菓子食ってるよりはマシです。ジムに通えるのが重要です。

僕は今月末でエニタイムフィットネスを退会して、ファストジムに移籍します。自宅から徒歩3分サイコー。

経験のあるジム系列の特徴なんかも、近々書こうと思います。では!

▼トレーナーをつけたい人はこちら

プライベートジム・パーソナルトレーニングのサービス一覧・比較

2015.11.02

>>筋トレだけでなく様々なスタジオレッスンを体験したい人はこちら

スポンサーリンク

ご購読ありがとうございます。