ビジネス思考のススメ。ブログとボクと、ときどき筋トレ。【100記事記念】

ビジネス思考のススメ。ブログとボクと、ときどき筋トレ。
ビジネス思考のススメ。ブログとボクと、ときどき筋トレ。

このエントリーで100記事目です。ここまで書き続けられたのも、ブログを読んでくださる人がいたおかげです。

ありがとうございます!

さて、筋トレ中心に書いてきたブログですが、100記事記念としてたまにはマインドハック的な記事を書こうと思います。実は、ブログも筋トレも共通する部分がたくさんあります。いや、ホントに。「ブログ筋肉をつける」とか、そういうオチではありません。

筋トレを続けられるのも、ほぼ初めてのブログで先月8万PVを達成出来たのも「ビジネス思考」でものごとを捉えているからだと思ってます。

ビジネス思考を経営者目線と言い換えてもいいかもしれません。被雇用者(サラリーマンなど)と経営者(社長とか)では脳みその作りが異なります。そう言うと大げさかもしれませんが、そのくらい同じ事象に対してでも「考え方」に差が出ます。

特に日本の場合は、小学校から大学まで徹底して被雇用者を作るための教育制度になっています。更に、社会に出た以降も被雇用者同士の人間関係がほとんどです。社長3人と自分だけサラリーマンの計4人で飲みに行くことなんて無いですよね?

それ故、ビジネス思考(経営者的な考え)を身につけるには自ら努力して習得する必要があります。僕は、立場がサラリーマンの人でも絶対にビジネス的な考え方が出来た方がいいと思ってます。

会社(法人)も生き物と言われます。逆に、自分の人生が1つの会社だとすれば、自分が社長でオーナーです。何を目的とするのか、目的達成のためにどうするのか、すべての意思決定権は自分自身にあります。

目的は人それぞれですから、あなたの目的に置き換えて読み進めて頂ければ幸いです。導入が長くてすいません。本文も長め。

スポンサーリンク

ビジネス思考と雇われ思考の違い

両者の大きな違いは2つだと思ってます。

  • 決定権
  • 責任

これを持ってるか持っていないかで、取り組み方が全く変わります。

自分で決めることが出来る

決める

被雇用者として働いている場合は、与えられた仕事をこなすだけの場合がほとんどです。自分で考えることなんて極わずかです。

例えばリンゴを売る営業マンがいたとします。営業マンが考えて決定できるのは、リンゴの売り方だけです。どうやったら売れるか?上から指示された営業目標を達成することを考えるのが精一杯の裁量です。

これが経営者になると選択肢が大幅に増えます。リンゴジュースにすればいいんじゃない?とか、いっそリンゴは辞めてミカンの方が儲かるかも?とか。極論は会社たたんで全く別の事業始めようとか。

そもそもの目的レベルから変える決定権があります。サラリーマンやってるとどうしても思考が狭くなりがちなので、もっと脳みそを柔らかくして、トータルで色んな可能性があることを考えられた方がいいです。

責任は全て自分にある

OZPA_jyosikaideoitawoshite500_jpg

決定権の自由度が増えることに伴って発生するのが責任です。決めたことによって得られた結果は、良くも悪くも自分に責任があります。全ての事象が自分に責任があると思えると、得られる経験値の量が格段に増えます。

現状に満足出来てない人は多いと思いますが、どこか自分以外の何かのせいにしていませんか。産まれた土地とか、親の収入や周りの環境や、運が悪かったとか。本当にそうでしょうか。

引っ越すことも、必要なお金を集めることも、付き合う人間を変えることも、可能か不可能かで言えば可能です。それをしなかったのは自分の判断です。周りの環境がそうさせたというのであれば、環境に左右されるという判断を下したのも自分です。

10代の頃のことだから仕方ないというのであれば、昔の自分の力量の無さを悔やんでください。でないと今から5年後・10年後に同じ過ちを犯していることに気づきます。

現代で本当に自分で決められないのは天皇家くらいだと思います。全部自分が選択してきた結果が今のあなたです。

目標を達成するために

お金でも、趣味でも、モテたいでも何でもいいです。

「やりたいことをやれ」の意味

やる気出す夜になったら

成功している起業家の多くは、やりたいことを追求したら結果的にお金や評価がついてくるというケースが多い。だから、やりたいことをやれと語られたり本に書いてあったりします。これをはき違えて理解すると大変なことになる。

「やりたいことをやる」為に「やりたくないこともやる」んです。

僕だって、筋トレしんどいし、ジムの会費高いし、筋肉痛は痛いです。でも、夏のビーチでドヤ顔したいんです。死んでも中肉中背にはなりたくないと思ってるのでジムに行けるし食事制限も出来ます。

ブログだってパソコンに向かってシコシコ書いてるのが楽しいわけありません。そのあとに少しは収入になったり、世の中に何らかの評価をされたりするのが楽しいんです。

「やりたくない」ということがあったら、それは恐らくただの手段です。本当にやりたいことはその先にあります。甘いものを我慢するかしないかというレベルではありません。

「多少つらいことやしんどいことを乗り越えてでも、やりたいと思えるようなことをやれ」です。

出来る出来ないではなく、やるかやらないか

テヘペロ

何かをするためには色々と制限がありますよね。

  • お金が無い
  • 時間が無い
  • 疲れてる
  • 周りの人や環境など

全部、やらない為の言い訳です。

例えば、英語を話せるようになることが目標だとします。お金がかかるから英会話教室に通えないとか、勉強する時間が無いとかは言い訳です。無いものを考えるのではなく、今ある環境でどうするかを考えます。

例えばネットやラジオでいくらでも無料で英語を聞くことが出来ます。スマホがあれば辞書も必要ないですし、むしろ表示を英語にしてしまってもいいんじゃないでしょうか。他には、英語圏の人がいる飲食店などでバイトでもすれば、英語で会話できてお金がかかるどころかバイト代がプラスです。

時間に限っては有限なものですので、どう分配するかは自分しだい。通勤の時間を有効活用するというのが一般的な使い方だと思います。これが、僕はちょっと疑問に感じるところ。近くに住んで通勤時間を減らすという手段もあるはずです。

都心に比べ郊外寄りの方が安いという理由で、遠い土地に住んでるケースが多いと思います。それは単純に毎月の支払い額が安くなっているだけでなく、代わりに通勤時間×出勤日数分の時間を毎月浪費していることになります。月々の支払いの代わりに時間を消費するという選択をしたのはあなたです。誰のせいでもありませんので、それを言い訳に使うべきではありません。

でも、そこまでして英語を話せるようになりたいとは思わないかもしれませんね。ということは「やりたい度」がその程度ということ。 本当にやりたいことではないのかもしれません。

ここで金髪の姉チャンと仲良くなりたいと本気で思ったとします。すると英語を話すことは「目的」ではなく「手段」に変わるので、パツキンのチャンネェの為に案外順調に英語が出来るようになるかもしれません。

今まで色々良い訳してたのはどこに行ったんだってくらい。これは新大久保に集まるオバサマ方が韓国語を習得している例でわかりますよね。本当にやろうと思えばいろんなアイデアが出てきますよ。

無いものを考えるのではなく、今あるもの・出来るものを考える。 ジンベエがルフィに言ってた通りです。見てない人は全巻読んでください。

ビジネス思考の習得方法

雇われ思考の脳みそをビジネス思考の脳みそに改造するのにオススメな方法です。

本の選び方

本棚

最初に思いつくのは本かもしれません。ビジネスや自己啓発系の書籍はたくさんあります。起業家になりたいのであれば、起業家が出している本に目が止まりますよね。本屋に行って売れている本を選んで読んでみましょう。

そうすると失敗します。

ポイントは自分で本を選ばないこと。起業家の思考を得たいのであれば、起業家が読んでいる本を読むんです。

師を見るな。師が見ているものを見よ。

ソースは知りませんが、まさにコレです。目的とする人物が通ってきたであろう過程や経験をコピーすれば、自分もそれに近づけます。

1番有効なのはその道の人と関わること

バー恋人乾杯

コレが一番早く、かつ、本当に脳みそを改造するには必須だと思います。自分が目標とするステージに既に到達している人間と一緒にいる時間を持ちます。出来るだけ多く。

内容はなんでもいいです。食事でも遊びに行くでもなんでもかまいません。とにかく一緒にいられる機会・時間を増やします。すると、自分や周りにいる人間とは全く違う目線や考え方があることに気がつくはずです。

例えば、どっかの社長と食事にいったとします。いつもの友達同士での食事では、「ハンバーグがおいしい」とか、お互いの普段の仕事や近況報告の話をするでしょう。ところが社長は訳の分からない話をしだすかもしれません。

料理の原材料の輸入先の国の情勢についてとか、この料理では利益がいくら出るとか、スタッフを見て教育についての話とか、その時の客層をみてマーケティングの話になったり。「この店のオーナーは俺の友達なんだよ」となって裏側の話を聞けるかもしれません。

そんなことを続けているうちに、今までの自分には無かった着眼点や考えが出来るようになってきます。ただ注意点は、簡単に脳みそは変化しないということ。そして変化しても元に戻るということ。

英語と一緒で、英語がわかる脳みそになるにはそれなりの量とか時間が必要。そして使わなければ忘れますよね。普通に生活をしていれば無意識に周りの「雇われ思考」の影響を受けてしまっていることに気をつけましょう。

まとめ

起業したことも無い僕ですが、現状はこんな感じで考えてますよという内容でした。

ビジネス思考の練習にブログの運営が非常に役に立つと思ってます。ブログを自分の会社やお店として運営すれば自分が社長です。うまくいくもいかないも自分の成果と責任です。会社と違って失敗してもダメージ無いですしね。

今後も「頭も体も鍛えろ!」をモットーに頑張ります。

では!

↓ホリエモンがホリエモンになる過程が書いてある本を紹介しておきます。

スポンサーリンク

ご購読ありがとうございます。