確定申告に向けて事業用口座を分ける。副業にはネットバンクがおすすめ。

japannetbank

確定申告の時期が迫ってきました。税金の勉強などはおいおいすればいいのですが、わからなくても絶対先にやっておいた方がいいこと があります。

それは、個人(プライベート用)口座と事業用口座を分けて使うことです。これをやっておかないと後で必ず後悔すると思います。将来の自分の首をしめることになります(笑)

ちなみに僕は、事業用はネットバンクを利用しています。口座を分ける理由と、ネットバンクをおすすめする理由です。

スポンサーリンク

確定申告は何をするのか

支払う税金を確定する

日本の税金には所得税というものがあります。お金を稼いだ分の何%を国に納めろというもの。稼いだ額から算出していくらと決まるものです。

サラリーマン(被雇用者)の給料

毎月の給料から所得税を先に引かれた金額が支払われています。これを源泉徴収といい、1年分まとめて証明書をもらえると思います。

ただ、実際の稼いだ額は12月31日が終了したあとでないと分かりません。金額が確定してから、月々払ってきた所得税との誤差を修正するものが年末調整ですね。

確定申告に値するものを会社が変わりに行ってくれているということです。

副業・個人事業の収入

被雇用の収入と違って、自分で税金の金額を算出して支払う必要があります。支払う額は収入によって変わります。収入から経費を引いて残った額が課税対象となります。

  • 1年でいくら稼いだか
  • 経費はいくらかかったか
  • 残りの額はいくらか
  • 払う税金はいくらか

これらを確定するのが、確定申告です。

無申告だとどうなる

税務署の人が取り立てに来ます。借金して返済していないのと同じ扱い。遅れた分のペナルティとして利子が追加された金額を請求されますので真面目に支払っておくべきでしょう。

もし払えない場合は、資産やらなんやら持って行かれます。ちょっと前に与沢翼氏がやられたケースです。税金を払うために、フェラーリとかロールスロイスとか全て売却になってます。

税務署って恐いですね。

確定申告の対象は

サラリーマンの副業の場合は、1年間(1月1日〜12月31日)の副業収入が20万円を越える人が対象です。 それ以下の場合は雑所得として確定申告の義務はありません。

微妙な人は、万が一税務署から何か確認があった時のために、明細や経費に出来そうな物の領収書を取っておくといいかもしれません。

口座を分けるメリット

確定申告を簡単にする

個人用(生活用)と副業のお金の出入りを別にしおけば、あとで1年分を見返す時に大分楽です。全てのお金の流れから、副業の収入と、経費になる支出をピックアップするのはかなり面倒なことになりそうです。

普段から、事業用のお金の出入りを1つの口座にまとめておけば、その1つを見るだけで良い。簡単ですし、ミスをするリスクも減らせます。

副業収入は事業用口座へ振込するようにして、経費に出来そうな物を買うときは事業用口座から支払うという使い方で進めようと思ってます。

税務署への印象を良くする

しっかりお金の管理をしてますよ、とアピールになるようです。特に経費の部分ですが、経費として認められるかどうかは税務署の判断にゆだねられます。税務署職員も人ですから、心証を良くしておいたほうが味方になってくれる可能性は高くなります。

また、通帳の中身を確認されるときに、口座を一緒にしていると私生活のお金の流れも全て見られてしまいます。プライバシー的にも分けておいたほうが得策です。

ネット銀行を選ぶ理由

メリット

明細をwebで確認出来る

WEB上で明細を確認できます。ジャパンネット銀行の場合は14ヶ月分の明細が残ります。これだと確定申告の準備をするときも、昨年の1月1日分から問題なく確認できますね。

青色申告で記帳や帳簿等の時効保存期間は7年です。公式はコチラ 7年前まではさかのぼって、後から提出しろと言われる可能性があるということですね。

WEB明細は1年に1回プリントアウトするなり、evernoteに残すなりしておけばオーケー。

各手数料が安い

一般的な都市銀行と比較して、手数料が安く設定されています。ご自身の利用されている銀行と比較して頂きたいのですが、だいたい2/3から1/2くらいの金額かなと思います。

お金の取引が多い方には非常に重要ですので、個人事業主におすすめとされています。

ブロガーやWEBから収入を得ている人にとっては、WEB上の取引に抵抗は少ないでしょう。買い物もAmazonやらネットでの購入する機会が多いと思いますのでネットバック向きかなと感じます。

どの銀行が良いか

japannetbank2

僕は元々競艇で遊ぶために作ったジャパンネット銀行の口座を持っていました(笑)ジャパンネット銀行はパソコンで競艇のライブ中継を見ながら券を買えてしまいます。

今回、普通のキャッシュカードをvisaデビットつきのカードに切り替えました。これで、ネットショッピングだけでなく実店舗で何か購入するときも、経費になるものであればネットバンクからの支払いにまとめられます。

ネットバンクは、都市銀行と比較して手数料や特典が様々。自身の使い方にあった内容のものを探してみてください。例えば、楽天アフィリをやっている人であれば、楽天のポイントがたまる楽天銀行がお得ですよね。

まとめ

考えることが個人事業主やフリーランスのようになっていて自分でも面白いです。

普段の帳簿の管理はクラウド会計ソフトのMFクラウドを利用してます。これとジャパンネット銀行のカードを連携させています。

事業用のもの(経費にあたるもの)はジャパンネットのカードで購入するようにすると、全部MFクラウドに自動で取り込まれるのでかなり便利です。売上の入金もジャパンネットにしてるので、入金も出金も全部自動でまとまります。

プライベートの買い物は別のカードを使うので、あとで見直す必要が無くて楽ちんです。MFクラウドとネットバンクの連携はガチでおすすめです。

>>MFクラウドの詳細はこちら

僕のように知識が無い人ほどやっておくべきですね。早い段階で取り入れておかないと、その分だけ後で手入力の作業が増えてしまいます。。。

スポンサーリンク

ご購読ありがとうございます。